在パラオ中華民国大使館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
在パラオ中華民国大使館
中華民國駐帛琉大使館
Embassy of the Republic of China (Taiwan) in Palau
所在地パラオの旗 パラオ
住所3F, Ben Franklin Building, Koror
開設2000年2月17日
大使周民淦中国語版
ウェブサイトwww.roc-taiwan.org/pal/

在パラオ中華民国大使館繁体字中国語: 中華民國駐帛琉大使館英語: Embassy of the Republic of China (Taiwan) in Palau)は、中華民国台湾)がパラオの旧首都にして最大都市コロールに設置している大使館である。

沿革[編集]

1999年12月29日に両国間の外交関係が樹立された後、2000年2月17日に当時の首都コロールに大使館が開設された[1]2006年10月1日にパラオの首都がコロールからマルキョクへ遷都したが[2]、大使館は引き続きコロールに留まっている[3]

住所[編集]

3F, Ben Franklin Building, Koror[3]

大使[編集]

2018年4月5日、周民淦中国語版英語: Wallace M.G. Chow)がトミー・レメンゲサウ大統領信任状を捧呈して、爾後、特命全権大使を務めている[4]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]