圧力モーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
代表的な圧力モーターである油圧モーター

圧力モーター(あつりょくモーター、英語: hydraulic motor)は、流体の圧力を機械運動に変換するアクチュエータのうち、回転運動に変換するものを指す。圧力モータとも。

流体の圧力を直線運動に変換するものは圧力シリンダーという。

圧力はポンプから作動流体を通して送られる。作動流体によって次のように呼びわけられる。

基本原理[編集]

ラジアルピストンモーター

ポンプは、回転エネルギーを圧力エネルギーへ変換する。圧力モーターは、圧力エネルギーを回転エネルギーへ変換を行うため、基本構造はポンプと同様である。電動機と異なり高温な環境でも安定して運転することが可能。また、動力源が停止した場合でもアキュムレータなどに圧力保存していることで運転することができるため、防火戸防水戸といった非常時に操作を必要とした機器に利用されている。。

図はピストンモーターである。5つあるシリンダーに順番に作動流体を送り込むことにより、一様の回転を得ることができる。

油圧モーターは戻り油をポンプへ戻すための配管が必要だが、空気圧モーターは空気を大気中へ放出すればいいので戻りの配管は必要ない。

機構の種類[編集]

機構により次のような種類に分けられる。それぞれ可変容量式と固定容量式がある。

容積式[編集]

歯車モーター[編集]

ギアモーター
  • 外接式
  • 内接式


ベーンモーター[編集]

ベーンモーター

円筒状の回転子に半径方向へ突出するベーンと呼ばれる板がついている。回転子とカムリングの間のベーンにて区切られた空間に作動流体が入り回転運動を行う。

ねじモーター[編集]

駆動ねじを主ねじとしそれとともに回転する従ねじにより構成。

ピストンモーター[編集]

  • アキシャル式 - 固定されたシリンダー内部に順番に作動流体を流し込み回転させる。
    • 斜軸式
    • 斜板式
  • ラジアル式 - 回転子の円筒部へ円周方向へシリンダーを取り付け順番に作動流体を流し込み回転させる。

タービンモーター[編集]