土石流危険渓流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土石流危険渓流(どせきりゅうきけんけいりゅう)とは、都道府県の行う土砂災害危険箇所基礎調査によって、土石流が発生する恐れがあると認められた川や沢をいう。調査基準として、流域面積5ha以内の渓流が対象とされている。平成15年現在で、日本国内には183,863の渓流が土石流危険渓流に指定され、砂防ダムなどの防災施設の建設が進められている。

土石流危険渓流は、以下のように3つのレベルに区分される[1]。なお、各区分の指定数はすべて平成15年現在の値である。

土石流危険渓流I[編集]

渓流周辺の保全対象として、人家5戸以上、および、病院や福祉施設、駅、官公舎などの重要施設を有する渓流・・・・89,518渓流

土石流危険渓流II[編集]

渓流周辺の保全対象として、人家1〜4戸を有する渓流・・・・73,390渓流

土石流危険渓流III[編集]

人家等はないが、今後新規の住宅立地等が見込まれる渓流・・・・20,955渓流

出典[編集]

  1. ^ 土石流危険渓流って?(国土交通省中部地方整備局沼津河川国道事務所ホームページ)

関連項目[編集]