土田友湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土田 友湖(つちだ ゆうこ)は、千家十職の一つ、袋師。二代以降、当主の通称半四郎であり隠居して剃髪すると友湖を名乗る。五代までは仕服を生業としたが、以降は茶道具の茶入の仕覆(しふく)や、服紗、角帯などを作る。2007年時点での、当代は十二代土田友湖(1965年襲名)。

家系[編集]

土田家の祖先は近江国蒲生郡土田村の出身の侍・土田七大夫で、後に初代彦根藩主・井伊直政に仕官、鉄砲組頭を代々務めた家柄と伝えられている。

七大夫の4代後の子孫・半平は本来跡取りであったが、実母が早くに亡くなり、後妻に入った継母が男子を生んだ為、その異母弟に家を譲って武士を廃業、「越後屋半兵衛」と名乗って西陣織仲買人となった。その傍ら袋物の仕立ての修行をし、表千家六代・覚々斎に引き立てられて茶入仕覆などを縫うようになった。

土田家歴代[編集]

  • 初代・友湖(1687年 - 1757年、土田七太夫 通称:半平・勘平 号:友湖・不染斎)
    西陣織の仲買人だったが、袋師・亀岡宗理の弟子となってその家業を継いだ。表千家の六代・覚々斎の時に千家の袋師となり、後に七代・如心斎より友湖の号を贈られた。
  • 二代・半四郎(1736年 - 1757年、法号:了圓)
    初代不染斎の子、初代在世中に没す。
  • 三代・半四郎(1746年 - 1784年、号:一得斎友甫)
    初代の甥。丁字屋嘉兵衛長男。了圓の養子。
  • 四代:鶴寿院貞松(1719年 - 1801年
    二代半四郎の姉・くに。三代半四郎の子供が幼少のため、表千家八代・啐斎の命により家業継承。1788年、天明の大火により家屋を焼失するが、啐斎の援助により再建。
  • 五代・半四郎(1778年 - 1825年、号:伸定、蓮乗)
    三代一得斎の長男。この頃、室町一文字屋三右衛門、笹屋勘右衛門など服紗を扱っていた家が断絶したため、表千家九代・了々斎の計らいにより服紗も扱い始める。
  • 六代・半四郎(1803年 - 1883年
    五代の子。天明の大火で焼失した家系図や秘伝書の再編纂を進めるが、禁門の変に遭遇、再び家屋及び家伝などの一切を消失。
  • 七代・半四郎(1835年 - 1911年、号:聴雪)
    西垣家出身。養子として土田家に入る。表千家十一代・碌々斎の引き立てを受ける。樂慶入と親交が深かった。
  • 八代・半四郎(1861年 - 1911年、千之助 号:淡雪)
    七代の長女・阿さの婿養子。養父・聴雪を亡くした一月後に没す。
  • 九代・半四郎(1892年 - 1914年、安治郎)
    八代淡雪の次男。22歳で亡くなる。
  • 十代 浄雪院妙要(1859年 - 1940年
    七代聴雪の長女、八代の妻である阿さ。夫・長男・次男の早世及び後継者の三男が幼少のため、家督継承。
  • 十一代・半四郎(1902年 - 1965年
    八代淡雪の三男、良三。昭和15年(1940年)、十代当主で母の阿さが亡くなったため家督継承するが、太平洋戦争勃発により幾度も召集される。終戦後、ようやく茶道復活の兆しが出始めた昭和29年(1954年)に病に倒れ、以後は入退院を繰り返し、家業に専念できぬまま世を去る。
  • 十二代・半四郎(1939年 - )
    十一代良三の次男 陽三。当代土田友湖。