土浦カレーフェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

土浦カレーフェスティバル(つちうらカレーフェスティバル)は、毎年11月茨城県土浦市川口運動公園で行われるである。

概要[編集]

1929年にドイツの大型飛行船、ツェッペリン伯号が飛来した際に、地元産のジャガイモや野菜を使ったカレーを、乗務員に振る舞って歓迎しました。
これらの由来や地産地消の考えに基づき、生産量日本一を誇る土浦産のレンコンを使用したオリジナルカレーの他、全国各地からご当地カレーが集まる食の祭典[1]として開催されている。

歴史[編集]

2004年より土浦市ではカレーによるまちづくりを開始[2]し、翌2005年2月5日にツェッペリンNT号飛来歓迎式典イベント[3]と同時に「土浦カレーフェスティバル2005」を開催したのが最初である。当初は、霞ヶ浦総合公園で開催された。
その後、同年10月に場所を小網屋跡地に移して第2回を開催し、2006年の第3回からは現在と同じ川口運動公園での開催となり、開催時期も11月となった。2007年の第4回からはカレーNo.1グランプリを決める「C-1グランプリ」が開催されている[4][5]

アクセス[編集]

  • 土浦市川口2-12 川口運動公園内

JR常磐線土浦駅東口から徒歩7分。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 土浦市公式 土浦カレーフェスティバルの案内
  2. ^ 茨城県で全国79店舗の味が楽しめる「土浦カレーフェスティバル」開催!(マイナビニュース)
  3. ^ ツェッペリンNT号飛来
  4. ^ つちうら咖哩物語 C-1グランプリ
  5. ^ 2016年現在では主菜部門・創作部門・麺部門の中から一番おいしいカレーを決定する。