土橋真二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

土橋真二郎(どばししんじろう)は、日本の小説家である。東京都府中市在住。水瓶座のB型。

東京都調布市出身。調布中学校、都立三鷹高校。

第13回電撃ゲーム小説大賞金賞を受賞し、受賞作の『扉の外』(受賞時のタイトルは『もしも人工知能が世界を支配していた場合のシミュレーションケース1』)でデビュー。

『生贄のジレンマ』は金子修介監督のもと実写映画化している。

作品リスト[編集]

電撃文庫[編集]

  1. 2007年2月25日発行、ISBN 978-4-8402-3717-8
  2. 2007年5月25日発行、ISBN 978-4-8402-3849-6
  3. 2007年9月25日発行、ISBN 978-4-8402-3980-6
  • ツァラトゥストラへの階段(全3巻、イラスト:白身魚)
  1. 2007年11月25日発行、ISBN 978-4-8402-4072-7
  2. 2008年2月10日発行、ISBN 978-4-8402-4171-7
  3. 2008年9月10日発行、ISBN 978-4-0486-7223-8
  1. 2009年2月10日発行、ISBN 978-4-0486-7527-7
  2. 2009年5月10日発行、ISBN 978-4-0486-7817-9
  3. 2009年9月10日発行、ISBN 978-4-0486-8018-9
  4. 2010年2月10日発行、ISBN 978-4-0486-8330-2
  • アトリウムの恋人(全3巻、イラスト:植田亮)
  1. 2011年5月10日発行、ISBN 978-4-04-870543-1
  2. 2011年9月10日発行、ISBN 978-4-04-870811-1
  3. 2012年2月10日発行、ISBN 978-4-04-886345-2
  1. 2012年5月10日発行、ISBN 978-4-04-886597-5
  2. 2012年8月10日発行、ISBN 978-4-04-886809-9
  1. 2013年4月10日発行、ISBN 978-4-04-891531-1
  2. 2014年2月8日発行、ISBN 978-4-04-866354-0
  • コロシアム(全3巻、イラスト:白身魚)
  1. 2015年4月10日発行、ISBN 978-4-04-865054-0
  2. 2015年10月10日発行、ISBN 978-4-04-865445-6
  3. 2016年2月10日発行、ISBN 978-4-04-865754-9
  • 女の子が完全なる恋愛にときめかない3つの理由(イラスト:白身魚)
  • このセカイで私だけが歌ってる(イラスト:白身魚)
  • 処刑タロット(イラスト:植田亮)
  1. 2017年11月10日発行、ISBN 978-4-04-893462-6
  2. 2018年5月10日発行、ISBN 978-4-04-893795-5

メディアワークス文庫[編集]

  • 殺戮ゲームの館
  1. 2010年3月25日発行、ISBN 978-4-0486-8468-2(上)
  2. 2010年3月25日発行、ISBN 978-4-0486-8469-9(下)
  • 生贄のジレンマ
  1. 2010年9月25日発行、ISBN 978-4-0486-8932-8(上)
  2. 2010年10月23日発行、ISBN 978-4-0486-8933-5(中)
  3. 2010年12月25日発行、ISBN 978-4-0486-8934-2(下)
  1. 2013年6月25日発行、ISBN 978-4-04-891811-4(上)
  2. 2013年8月24日発行、ISBN 978-4-04-891997-5(下)

MF文庫J[編集]

  • アンチスキル・ゲーミフィケーション 不機嫌なエルフに捧げる異世界攻略サイト(イラスト:天川さっこ
  1. 2016年11月25日発売、ISBN 978-4-04-068755-1
  2. 2017年3月25日発売、ISBN 978-4-04-069147-3
  • 普通に生きるのって意外と難しくないですか?(イラスト:しめじ)

ファンタジア文庫[編集]

  • RE;SET>学園シミュレーション 1万4327度目のボクは、1度目のキミに恋をする。(イラスト:竹岡美穂

人物・エピソード[編集]

 作家になる前に府中の花屋に勤めていたが、ある日仕事に嫌気がさして無断欠勤し旅に出たと告白している。

 最終選考に残った時点で小説を書くのをやめて旅に出ており船上で電話を受けたと、小説のあとがきで語っている。

 そのときの担当編集者は女性らしく『美人編集』としてあとがきに多く登場する。

 受賞当時チートイツというフェレットを飼っており、あとがきや著者近影に出てくることがあった。

 出身は調布であり、水木しげるの近所に住んでいたらしい。水樹奈々が水木しげるの娘だと勘違いしたツイートをしたことがある。 

外部リンク[編集]