土曜ソリトン SIDE-B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土曜ソリトンSIDE-B
ジャンル トーク番組
放送時間 土曜日 23:00 - 23:45(45分)
放送期間 1995年4月8日 - 1996年3月23日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 高野寛
緒川たまき
福士秀樹ナレーション
オープニング 「All over starting over ~その笑顔のために~」(高野寛)
テンプレートを表示

土曜ソリトンSIDE-B』(どようソリトンサイド・ビー)は、1995年4月8日から1996年3月23日まで、全43回にわたりNHK教育テレビにおいて、土曜日の深夜の時間帯に放映されていたトーク番組である。

概要[編集]

司会はミュージシャン高野寛女優緒川たまきの2人。 ナレーターは、当時、81プロデュースに所属していた福士秀樹が担当していた。

毎週、タレントモデル、ミュージシャン、作家写真家映画監督など、様々なジャンルで活躍する著名人をゲストに招き、ゲスト自身のことや、設定されたテーマについてトークを展開するというものだった。

アナログレコードカセットテープA面(SIDE-A)/B面(SIDE-B)があるように、「SIDE-B」をタイトルに冠したこの番組は、流行に乗った旬のゲストを招いたり、あるいはそういったテーマについて語られることはなく、ゲストやテーマは「流行」や「旬」ということからは一歩引いた「B面」的な観点から設定されるという独特な性格の番組であった。

レギュラーコーナーとして、ミュージシャンで詩人ドリアン助川(現・TETSUYA、明川哲也)による詩の朗読のコーナー、緒川による写真のコーナーが毎回放送され、番組の最後には高野による演奏で締めくくられていた(ゲストがミュージシャンの場合は競演もあった)。他にも「試験に出ない音楽史」という、音楽の教科書には載らない音楽ジャンルを紹介するコーナーもあった。

若者向けカルチャー番組としては『YOU』の流れを汲むトーク番組である。DIME』など一部の雑誌では「『YOU』の再来」と評価された[要出典]

当時の「1年ごとに番組をリニューアルする」というNHK若者向け番組の意向、土曜日と日曜日に分割されていたソリトンシリーズを統合するなど、諸事情により1年で終了。この番組で確立された、若者に人気の著名人へのインタビューというスタイルは『ソリトン』、『トップランナー』へと引き継がれていく。

YMO再評価[編集]

出演した数多くのゲストの中で、元YMOの3人(細野晴臣高橋幸宏坂本龍一)がそれぞれ出演した回が非常に大きな反響を呼んだ[要出典]ことから、最終回である第43回には特別編として、YMOの歴史を追った特集が放映された。

そもそものきっかけは、ゲストに電気グルーヴ石野卓球が出演した回である。同じ静岡県出身、同じYMOチルドレンとして洗礼を受けてミュージシャンとなった者同士だった司会の高野が卓球と意気投合。それに弾みをつける形で翌週に坂本がゲストとして出演した。それ以降、徐々にYMOメンバーや関係者(矢野顕子など)も登場するなど、後半はYMO色の強い内容となり、件の最終回の放映となった。

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]

NHK 若者向けトーク番組
前番組 番組名 次番組
土曜ソリトンSIDE-B