土屋直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
土屋頼直から転送)
Jump to navigation Jump to search
 
土屋 直樹
時代 江戸時代前期
生誕 寛永11年(1634年
死没 延宝9年6月30日1681年8月13日
別名 頼直
戒名 宗哲
墓所 東京都台東区松が谷海禅寺
官位 従五位下、伊予
幕府 江戸幕府
上総久留里藩
氏族 土屋氏
父母 父:土屋利直、母:松平正綱の養女
兄弟 直樹相馬忠胤喬直
正室:松平正信の娘
逵直

土屋 直樹(つちや なおき)は、上総久留里藩の第3代藩主。

生涯[編集]

寛永11年(1634年)、第2代藩主・土屋利直の長男として生まれる。延宝3年(1675年)に父が死去したため、家督を継いで藩主となる。このとき、弟の喬直に1000石と新墾田1000石の合わせて2000石を分与したため、久留里藩は2万石となった。同年12月、従五位下、伊予守に叙位・任官する。

延宝7年(1679年)8月7日、狂気を理由に改易され、久留里城も破却された。しかし祖先の功績などを考慮されて、長男の逵直遠江国内で3000石を与えられ、土屋氏は旗本として存続した。

以後、直樹は逵直のもとで余生を送り、延宝9年(1681年)6月30日に死去した。享年48。