土屋雅春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土屋 雅春(つちや まさはる、1928年昭和3年)4月8日 - 2001年平成13年)4月7日)は日本医者医学者内科学)・医学博士。慶應義塾大学名誉教授。レジオン・ド=ヌール勲章受章。

略歴[編集]

主要な著作[編集]

  1. 内分泌のつどい〈第9集〉、内分泌のつどい編集委員会(編)、協同医書出版社1957年
  2. 図説内分泌病への手引、土屋雅春(等著)、医学書院1969年
  3. 免疫学叢書 7、畔柳武雄大高裕一松橋直(編著)、医学書院、1972年
  4. 消化管の臨床、土屋雅春・朝倉均(編著)、朝倉書店1975年
  5. 肝・胆・膵の臨床、土屋雅春・亀谷麒与隆石井裕正(編著)、朝倉書店、1975年
  6. 肝硬変症の診療、金原出版〈金原医学新書;53〉、1979年1月
  7. 肝障害と手術 内・外科医のための診療指針、菅原克彦・土屋雅春(編著)、医歯薬出版1979年11月
  8. 酒と健康、時事通信社〈生活と健康シリーズ〉、1983年6月 ISBN 4-7887-8316-9
  9. 肝炎、全日本病院出版会(Health series;18)、1985年2月 ISBN 4-915550-18-4
  10. 胃 潰瘍と防御因子、松尾裕・土屋雅春(編著)、メディカルリサーチセンター1986年10月 ISBN 4-89555-069-9
  11. 胃粘膜病変とフリーラジカル、土屋雅春・青池晟(編)、日本医学館1987年11月 ISBN 4-89044-025-9
  12. 胃潰瘍と壁細胞レセプター、土屋雅春・朝倉均(編)、日本医学館、1987年4月 ISBN 4-89044-019-4
  13. 医者のみた福澤諭吉 先生、ミイラとなって昭和に出現、中央公論社中公新書〉、1996年10月 ISBN 4-12-101330-1
  14. 人間と文化 教養講演集64、新書編纂所(編)〈三愛新書〉、三愛会1998年11月

監訳[編集]

  1. ボッカス消化器病学 1、Berk(編著)、西村書店1988年12月 ISBN 4-89013-201-5
  2. ボッカス消化器病学 2、Berk(編著)、西村書店、1989年12月 ISBN 4-89013-202-3
  3. ボッカス消化器病学 3、Berk(編著)、西村書店、1990年12月 ISBN 4-89013-203-1
  4. ボッカス消化器病学 4、Berk(編著)、西村書店、1991年11月 ISBN 4-89013-204-X
  5. ボッカス消化器病学 5、Berk(編著)、西村書店、1992年12月 ISBN 4-89013-205-8
  6. ボッカス消化器病学 6、Berk(編著)、西村書店、1992年12月 ISBN 4-89013-206-6
  7. ボッカス消化器病学 7、Berk(編著)、西村書店、1992年12月 ISBN 4-89013-207-4

報告書[編集]

  1. 慢性肝疾患・肝細胞癌患者におけるNatural Killer Cell活性化、土屋雅春・慶應義塾大学、文部省科学研究費補助金研究成果報告書、1979年-
  2. ヒト肝癌細胞株HCC-Mにおける発癌遺伝子の検出及びクローン化、土屋雅春・慶應義塾大学、文部省科学研究費補助金研究成果報告書、1984年 - 1985年
  3. 超高感度微弱光撮像システムを用いた臓器循環障害過程における活性酸素生成動態の検討、土屋雅春・慶應義塾大学、文部省科学研究費補助金研究成果報告書、1988年 - 1990年
  4. 多機能デジタル生体顕微鏡による臓器微小循環障害における酸素ストレスの動的解析、土屋雅春・慶應義塾大学、文部省科学研究費補助金研究成果報告書、1990年 - 1992年
  5. 共焦点レーザー生体顕微鏡による臓器微小循環内活性酸素生成動態と細胞障害の解析、土屋雅春・慶應義塾大学、文部省科学研究費補助金研究成果報告書、1992年 - 1993年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]