土屋修平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土屋 修平
基本情報
本名 土屋 修平
通称 THE KNOCK OUT KING
200年に1人の逸材[1]
階級 ライト級
身長 170cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1986-09-20) 1986年9月20日(31歳)
出身地 愛知県犬山市
スタイル 右ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 23
KO勝ち 18
敗け 5
テンプレートを表示

土屋 修平(つちや しゅうへい、1986年9月20日 - )は、日本プロボクサーで、元キックボクサー愛知県犬山市出身。第60代日本ライト級王者。角海老宝石ボクシングジム所属。トレーナーは田中栄民→佐藤直樹→小堀佑介が担当。スターポリスとマネジメント契約を結んでいる。入場曲はSPANKERS「セックス・オン・ザ・ビーチ」。

試合に勝利するとバック宙を披露するのが恒例となっている[2]

来歴[編集]

幼少期 - キックボクサー[編集]

小1で空手を始め、野球やバスケットボールも経験、愛知県立丹羽高等学校ではラグビーを経験[1]

大東文化大学在学中、伊原道場でキックボクサーとなり、新日本キックボクシング協会ウェルター級4位にランクされる[3]

キック時代もパンチ主体の戦いをしていたのもあり、ボクシング転向を決めた[3]。いくつかのジムを回っていたが、田中トレーナーからチケットを渡されたのがきっかけで角海老ジムに入門した[3]

プロボクサー[編集]

デビュー12連続KO[編集]

大学卒業後の2009年7月13日、後楽園ホールにおいて上野雄大戦でプロボクシングデビューし、1回KOで勝利。

2010年、新人王にエントリー。5戦すべて2R以内のKO勝ちで東日本新人王となり、全日本新人王決定戦に駒を進める。5回戦となったこの試合で三好祐樹の顎を左フックで砕き、1回終了後に相手の骨折による棄権TKOで退け全日本新人王獲得、MVPにも選出された[1][4]

2011年2月18日、初の6回戦としてペットウタイ・オーベンジャマッド(タイ)と対戦。1回KO勝利。テレビ局数社から視線が送られ[1]、この試合よりTBSで中継されるようになる[5]

5月7日、初の8回戦として打馬王那と対戦。3回TKO勝利。

8月10日、井岡一翔VSファン・エルナンデスのセミファイナルにて初の10回戦として福原寛人と対戦。9回TKOで勝利するが、この試合で左拳を骨折して長期欠場を余儀なくされた[6]

2012年3月6日、サワット・ウォースラポン(タイ)戦で復帰する。当初はセミファイナルを予定していたが、同門であり同じくキックボクサー出身の藤本京太郎に譲ることになった[7]。試合は1回TKOで勝利し、連続KO記録を「12」に伸ばした。

2012年5月15日、カカリオネル・メッシら海外サッカー選手と日本国内業務を提携しているスターポリスと契約することが明らかになった[8]

KOストップ〜連敗〜再起[編集]

2012年5月17日、亀海喜寛がKOを逃したインドネシアライト級王者ヘリ・アドリアントと対戦[9]。試合はメインイベントで行われ3回にダウンを奪うもKOできず、連続KOは「12」で止まったが、3-0判定でデビュー13連勝[10]

2012年9月19日、PABA王者スティービー・オンゲン・フェルディナンデス(インドネシア)に3-0判定勝利。

2013年2月25日、上位ランカーの川瀬昭二と対戦し、1回終了間際に右クロスから左フックダウンを奪うも、盛り返され、9回にロープ際で連打を浴び2分26秒レフェリーストップTKO負けを喫し、デビューからの連勝は「14」で止まった[11][12]

2013年7月25日、日本ヘビー級王座決定戦のアンダーとしてプロ無敗ながらランクでは下位の中谷正義と対戦するが、3回にダウンを奪われ1度立ち上がるも2度目のダウンでテンカウントを聞き3回1分58秒KO負け、連敗となってしまった[13]

2013年12月20日、再起戦として高桑和剛と対戦し、初回からワンツーで攻めてダウンを奪い、2回に左フックから右のコンビネーションを放つと、相手の左眼の負傷が激しくドクターストップTKO勝利[2]。連敗を「2」で止めるとともに、KO勝利は1年6ヶ月ぶり。

オーストラリア遠征[編集]

2014年4月3日、オーストラリアに遠征し、IBFライト級9位でIBF世界同級王者ミゲール・バスケスに挑戦経験もあるレニー・ザッパビーニャと対戦。国外での試合も世界ランカーとの対戦も自身初であった[14]。この試合には空位のWBOオリエンタル王座が懸けられ[15]、“Last Man Standing(最後に立っている男)”と銘打たれたヘビー級トーナメントの決勝をメインイベントに据えた興行のセミファイナルで行われた[16]

土屋は3回に偶然のバッティングで右目の上をカットし、4回に左フックでダウンを喫したが、6回には自らのパンチでザッパビーニャの左頬をカット[17]。両者顔を腫らしての[18]打撃戦となり会場を沸かせたが[15]、10回に左フックを受けると[17]タオルを投入されてTKO負けを喫した[15]

オーストラリアのウェブサイトAus-Boxing.comは、土屋はザッパビーニャにとってこれまでで最もタフで勇気のある対戦相手だったとし、この試合がこの日の主役を奪ったとしている[16]

再起[編集]

2014年7月28日、後楽園ホールにてダブル日本タイトルマッチのアンダーカードとしてフォンルアン・ソーシンユー(タイ)相手に再起戦を行い、1回中盤に打ちおろしの右ストレートを効かせると追撃してダウンを奪い、相手は立ち上がるも試合続行不可能でTKO勝利となり再起を飾った[19][20]

2014年11月28日、原田門戸と対戦[21]。土屋2度、原田1度ダウンの激しい試合となったが、6回から一方的な展開にさせられ1-2判定負けを喫した[22]

日本チャンピオンへ[編集]

2015年3月7日再起戦はタイ人のジョン・フォードと対戦。4R1分30秒でKOで勝利し再起した。

2015年7月4日 ノーランカーの相馬一哉(一力)と対戦。土屋のランクを必死に狙い、打たれ強くタフな相手は倒れることなく、最終ラウンドまで競り3-0でランクを死守した。

2015年12月8日1つ上の階級スーパーライト級3位の松山和樹(山上)と対戦。 この試合に勝てば上位ランク進出が確実となるため気合の入る一戦となった。松山は6連勝中と勢いがあり好試合となることが予想されたが始まって1分すぎにダウンをとり、そのまま1R1分40秒TKOで土屋らしいKO劇で快勝し、かつてのKOキングの復活を感じさせる試合となった。

2016年4月19日、松山戦によって日本ライト級第2位となってからの初戦となったエカラチャン・モークルテープトンブリー(タイ)戦は3回のダウンをとり、1R2分31秒TKOで危なげなく勝利。この試合によって翌月日本ランキング1位になることが予想され試合後マイクをとり王者の荒川仁人(ワタナベ)に対戦をアピールした。

2016年9月24日、レックス・オリサ(フィリピン)と対戦。王者荒川仁人を想定したサウスポーとの対戦となったが、粘る相手に決め手を欠き、最終ラウンドまでもつれ込んだ。ほぼフルマークで3−0で勝利したが消化不良気味の試合となった。

このまま日本ランキング1位を保持したまま2017年のチャンピオンカーニバルで指名挑戦者として王者に挑戦する流れになるかと思われたが WBOアジア・パシフィック王座に狙いを定めた荒川仁人の日本王座返上によって事態は急転し、ランキング2位の野口将志(船橋ドラゴン)と王座決定戦を年内に戦うこととなった。

2016年12月19日、5年間負けなしの上、2016年2月にランクインしてから勢いのある野口とのボクシングモバイルでの試合予想では7割が土屋勝利を予想したものの、足を使った軽快な試合運びをする土屋とは好対照な野口との決定戦は混戦となることも予想された。しかしながら結果は2回目のダウンで10カウントを呼び込み、圧巻のKO劇を飾った。

試合後のインタビューでは新人王MVP獲得後タイトル奪取への期待を受けながらも挫折を経験し遠回りしここに至ったことについて、感極まりながらトレーナーやスタッフ・家族への感謝の気持ちを述べ、会場の後楽園ホールの観客やネット中継の視聴者の感動を呼んだ。 また、後輩ボクサーたちへのエールとして語った「負けてからがボクシング」という言葉は聞いた人皆の心を揺さぶった[23]

この試合で2016年12月度の敢闘賞を受賞し、2017年2月4日に受賞式が行われた[24]

2017年3月2日、IBFは最新ランキングを発表し、土屋をIBF世界ライト級15位にランクインした[25][26]

2017年3月4日、「第559回ダイナミックグローブ」での西谷和宏との日本ライト級王座の初防衛戦。 初回から白熱の打撃戦を繰り広げるも8回2分50秒TKO負けを喫し初防衛に失敗、王座から陥落した[27][28]

戦績[編集]

  • キックボクシング:13戦 8勝 4敗 1分[3]
  • プロボクシング:27戦 22勝(18KO) 5敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2009年7月13日 勝利 1R 0:48 KO 上野雄大(ウィン三迫) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2009年12月16日 勝利 1R 1:46 KO 今瀬就治(ドリーム) 日本の旗 日本
3 2010年3月31日 勝利 2R 2:44 TKO 金澤翔吾(ヨネクラ) 日本の旗 日本 東日本新人王ライト級予選
4 2010年6月3日 勝利 2R 2:40 TKO テル・カサマヨール・ホンジョウ(新日本木村) 日本の旗 日本 東日本新人王ライト級予選
5 2010年8月3日 勝利 2R 0:45 KO 大久保大騎(E&Jカシアス) 日本の旗 日本 東日本新人王ライト級予選
6 2010年9月28日 勝利 1R 0:43 KO 林和希(八王子中屋) 日本の旗 日本 東日本新人王ライト級準決勝
7 2010年11月3日 勝利 2R 1:33 KO 中澤将信(帝拳) 日本の旗 日本 東日本新人王ライト級決勝
8 2010年12月19日 勝利 1R終了 TKO 三好祐樹(FUKUOKA) 日本の旗 日本 全日本新人王ライト級決定戦
9 2011年2月18日 勝利 1R 0:30 KO ペットウタイ・オーベンジャマッド タイ王国の旗 タイ
10 2011年5月7日 勝利 3R 0:47 TKO 打馬王那(ワタナベ) 日本の旗 日本
11 2011年8月10日 勝利 9R 2:09 TKO 福原寛人(江見) 日本の旗 日本
12 2012年3月6日 勝利 1R 1:42 KO サワット・ウォースラポン タイ王国の旗 タイ
13 2012年5月17日 勝利 8R 判定3-0 ヘリ・アドリアント  インドネシア
14 2012年9月19日 勝利 10R 判定3-0 スティービー・オンゲン・フェルディナンデス  インドネシア
15 2013年2月25日 敗北 9R 2:28 TKO 川瀬昭二(松田) 日本の旗 日本
16 2013年7月25日 敗北 3R 1:58 KO 中谷正義(井岡) 日本の旗 日本
17 2013年12月20日 勝利 2R 1:36 KO 高桑和剛(輪島S) 日本の旗 日本
18 2014年4月3日 敗北 10R 1:21 TKO レニー・ザッパビグニャ オーストラリアの旗 オーストラリア WBOオリエンタルスーパーライト級王座決定戦
19 2014年7月28日 勝利 1R 0:43 TKO フォンルアン・ソーシンユー タイ王国の旗 タイ
20 2014年11月28日 敗北 8R 判定1-2 原田門戸(横浜さくら) フィリピンの旗 フィリピン
21 2015年3月7日 勝利 4R 1:30 KO ジョン・フォード タイ王国の旗 タイ
22 2015年7月4日 勝利 8R 3-0 相馬 一哉(一力) 日本の旗 日本
23 2015年12月8日 勝利 1R 1:40 TKO 松山 和樹(山上) 日本の旗 日本
24 2016年4月19日 勝利 1R 2:31 TKO エカラチャン・モークルンテープトンブリー タイ王国の旗 タイ
25 2016年9月24日 勝利 8R 判定3-0 レックス・オリサ フィリピンの旗 フィリピン
26 2016年12月19日 勝利 3R 1:58 KO 野口 将志(船橋ドラゴン) 日本の旗 日本 日本ライト級王座決定10回戦
27 2017年3月4日 敗北 8R 2:50 TKO 西谷 和宏(VADY) 日本の旗 日本 日本王座陥落
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第57回全日本ライト級新人王(大会MVP)
  • 第60代日本ライト級王者

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 山崎照朝 (2011年2月15日). “土屋修平は200年に1人の逸材 和製パッキャオだ”. 中日スポーツ 
  2. ^ a b 角海老宝石広報スタッフ. “土屋が連敗脱出、今年最後を勝利で飾る”. 2014年3月23日閲覧。
  3. ^ a b c d 角海老宝石ボクシングジム. “ライト級 土屋修平”. 2012年3月1日閲覧。
  4. ^ “土屋あご砕きKO勝ち/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2010年12月19日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20101219-715404.html 
  5. ^ “KOキング土屋 TBSが“青田買い””. スポーツニッポン. (2011年1月13日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2011/01/13/kiji/K20110113000038790.html 
  6. ^ “11連続KO中の土屋が左拳骨折 年内絶望か”. スポーツニッポン. (2011年9月10日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2011/09/10/kiji/K20110910001593100.html 
  7. ^ “土屋 ド派手KOで次戦メーンゲットだ!”. スポーツニッポン. (2012年2月26日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2012/02/26/kiji/K20120226002708410.html 
  8. ^ “土屋 レアルのカカーも提携マネジメント会社と契約へ”. スポーツニッポン. (2012年5月16日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2012/05/16/kiji/K20120516003257780.html 
  9. ^ “日本タイ15連続KOへ!土屋、試練の3番勝負”. スポーツニッポン. (2012年4月19日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2012/04/19/kiji/K20120419003076100.html 
  10. ^ “土屋デビュー13連勝も連続KOは12で止まる”. スポーツニッポン. (2012年5月18日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2012/05/18/kiji/K20120518003272880.html 
  11. ^ “土屋の連勝は14でストップ 4位の川瀬にTKO負け=ボクシング”. スポーツナビ. (2013年2月25日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/fight/headlines/article/20130225-00000004-spnavi 
  12. ^ “土屋が初黒星 川瀬にTKO負け”. Boxing News. (2013年2月25日). http://boxingnews.jp/news/997/ 
  13. ^ “「KAMIKAZE2」土屋修平、再起戦を飾れず・・・” (プレスリリース), 角海老宝石ボクシングジム, (2013年7月26日), http://www.kadoebi.com/boxing/news/index.cgi?n=752 
  14. ^ “土屋がIBF9位と対戦、4.3オーストラリア”. Boxing News. (2014年3月5日). http://boxingnews.jp/news/11424/ 
  15. ^ a b c “土屋、奮闘及ばず10回TKO負け 豪州”. Boxing News. (2014年4月3日). http://boxingnews.jp/news/12505/ 
  16. ^ a b Zappavigna outlasts Tsuchiya in brutal slugfest” (英語). Aus-Boxing.com (2014年4月4日). 2014年4月12日閲覧。
  17. ^ a b Ray Wheatley (2014年4月3日). “Zappa stops Tsuchuya” (英語). Fightnews.com. 2014年4月12日閲覧。
  18. ^ Aus-Boxing.comのツイート 2014年4月3日 (英語)
  19. ^ “ラウンドアップ 帝里が淡路島でキャンプイン”. Boxing News. (2014年6月2日). http://boxingnews.jp/news/14651/ 
  20. ^ “岡田が初防衛成功、シャムガルとの激戦制す”. Boxing News. (2014年7月28日). http://boxingnews.jp/news/16138/ 
  21. ^ “八重樫東vsローマン・ゴンサレス完全版きょう放送”. Boxing News. (2014年9月21日). http://boxingnews.jp/news/17947/ 
  22. ^ “土屋修平、ダウン応酬で原田門戸に1-2判定負け”. Boxing News. (2014年11月28日). http://boxingnews.jp/news/20369/ 
  23. ^ “土屋修平、「かつての」KOキングが3回KO初戴冠 ”. 日刊スポーツ. (2016年12月19日). http://www.nikkansports.com/battle/news/1754081.html 
  24. ^ “12月度月間賞表彰式 ”. ボクシングモバイル. (2017年2月4日). https://boxmob.jp/sp/news/index.html?nid=17625&n=1 
  25. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2017年3月2日
  26. ^ 京口紘人がIBFランク入り、OPBF2月ランキング更新 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月6日
  27. ^ 西谷和宏が逆転TKO勝ち、土屋修平は初防衛失敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月4日
  28. ^ Nishitani upsets Tsuchiya to win Japanese 135lb belt Fightnews.com 2017年3月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
荒川仁人
第60代日本ライト級王者

2016年12月19日 - 2017年3月4日

次王者
西谷和宏