土居駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
土居駅
京阪土居駅.JPG
土居駅入口
どい
Doi
KH09 滝井 (0.4km)
(0.7km) 守口市 KH11
所在地 大阪府守口市文園町4番5号
駅番号 KH  10
所属事業者 京阪電気鉄道
所属路線 京阪本線
キロ程 7.6km(淀屋橋起点)
電報略号 土(駅名略称方式)
駅構造 地上駅(盛土)
ホーム 2面2線*
乗車人員
-統計年度-
2,867人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
5,923人/日
-2017年-
開業年月日 1932年昭和7年)6月14日
備考 * この間に通過線2本あり
テンプレートを表示

配線図

滝井駅

2 1


STRg STRg STRf STRf
STR+BSr STR STR STR+BSl
STR+BSr STR STR STR+BSl
STRg STRg STRf STRf

守口市駅

改札口
ホーム
土居駅に到着する普通列車。
最後尾は滝井駅ホームを離れたばかりである。

土居駅(どいえき)は、大阪府守口市文園町にある、京阪電気鉄道京阪本線。駅番号はKH10

歴史[編集]

土居駅は、1932年(昭和7年)に開設された。400メートルほど南に既に滝井駅があったものの、当駅周辺の方が滝井駅周辺より人口が多かったこともあり、設置を望む声が強く、沿線の土地を寄付する運動もあったという。1966年(昭和41年)に利用客がピークとなり、1日に2万人を超える利用客がいた。しかし人口の流出や近隣での地下鉄の開業もあって、2013年(平成25年)時点では京阪本線で鳥羽街道駅に次ぐ利用客の少なさとなっている[1]

年表[編集]

  • 1932年昭和7年)6月14日 - 京阪本線の線路移設により開業[2]
  • 1933年(昭和8年)12月29日 - 複々線化。
  • 1943年(昭和18年)10月1日 - 会社合併により京阪神急行電鉄の駅となる。
  • 1945年(昭和20年)9月15日 - 輸送混乱防止のため、使用を中止[2]
  • 1947年(昭和22年)3月11日 - 営業再開[2]
  • 1948年(昭和23年)12月20日 - 駅を改築[2]
  • 1949年(昭和24年)12月1日 - 会社分離により京阪電気鉄道の駅となる。
  • 1972年(昭和47年)11月28日 - 駅の京都側(守口方向)の高架工事が起工される。
  • 1979年(昭和54年)4月15日 - 駅の京都側(守口方向)の京都行き線路が高架化。
  • 1980年(昭和55年)6月8日 - 駅の京都側(守口方向)の大阪行き線路が高架化。
  • 1992年平成4年) - 駅舎の改修と8連化に対応するためのホーム延伸工事が完成[3]
  • 2011年(平成23年)
    • 3月5日 - 身体障害者対応エレベーター使用開始[4]
    • 3月12日 - 車イス・オストメイト対応してベビーシート、オムツ交換台付き多目的トイレ使用開始[5]
  • 2014年(平成26年)3月29日 - プラットホームに異常通報装置を設置[6]
  • 2016年(平成28年)10月31日 - コンコースに旅客案内ディスプレーを設置[7]

駅構造[編集]

早朝および夜間は無人となる。また、改札内にはトイレがある。

通過線2本を挟んだ相対式2面2線のホームを持つ盛土駅である。改札口は下りホーム京都寄りの1ヶ所のみ。ホームは2階にある。通過線(A線)にホームはなく、外側2線(B線)にのみホームが設けられている[8]。隣の滝井駅とはわずか400mしか離れていない[8]。両駅のホームの端から端までの距離は160mに満たず、京阪電車8両分(150m)より短い程度である。しかし土居駅から滝井駅までは歩きづらいこともあり、2013年(平成25年)11月の調査ではこの間のみを利用する乗客が1日平均23人いたという[1]

2011年3月5日、身体障害者対応のエレベーターが完成し使用を開始。オストメイト・車イス対応の多目的トイレも同月12日より使用を開始した。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 京阪本線 上り 守口市枚方市三条出町柳方面
2 下り 京橋淀屋橋中之島線方面

※両ホームとも有効長は8両。

利用状況[編集]

2017年(平成29年)度の特定日における1日乗降人員5,923人である。

近年の特定日における1日乗降・乗車人員は下表の通りである。

年度 特定日 出典
乗降人員 乗車人員
1995年 10,158 4,883 [9]
1996年 - [10]
1997年 - [11]
1998年 9,469 4,583 [12]
1999年 -
2000年 9,173 4,395 [13]
2001年 -
2002年 8,574 4,122 [14]
2003年 8,300 3,975 [15]
2004年 7,712 3,671 [16]
2005年 7,776 3,692 [17]
2006年 7,924 3,760 [18]
2007年 7,464 3,566 [19]
2008年 7,003 3,376 [20]
2009年 6,789 3,251 [21]
2010年 6,262 3,020 [22]
2011年 5,937 2,847 [23]
2012年 5,943 2,905 [24]
2013年 5,536 2,685 [25]
2014年 5,883 2,820 [26]
2015年 5,907 2,854 [27]
2016年 5,920 2,820 [28]
2017年 5,923 2,867 [29]

駅周辺[編集]

土居駅前通り商店街

バス[編集]

駅から線路沿いを北東に約100mの地点に京阪バス京阪土居北口停留所がある。また、駅から北西に約500mの国道1号線上に大阪シティバス・あさひあったかバス[30]守口車庫停留所、駅から南西に約500mの国道479号線(大阪内環状線)上に大阪シテイィバスの滝井停留所がある。

京阪土居北口停留所

守口車庫停留所

滝井停留所

隣の駅[編集]

京阪電気鉄道
京阪本線
快速特急「洛楽」・ライナー・特急・通勤快急・快速急行・深夜急行・急行・通勤準急・準急・区間急行
通過
普通
滝井駅 (KH09) - 土居駅 (KH10) - 守口市駅 (KH11)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

  1. ^ a b 世瀬周一郎 (2014年12月20日). “千林~滝井~土居 駅間は400メートル台”. 日本経済新聞. 2019年6月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 出典・京阪電気鉄道開業100周年記念誌「京阪百年のあゆみ」(2011年3月24日刊)資料編137頁
  3. ^ 出典・駅置きの広報誌「くらしの中の京阪1992年3月号」より
  4. ^ 「おけいはん.ねっと|駅情報局:土居駅」の構内図の右下の「2011.3.5現在」より。同日閲覧
  5. ^ 「おけいはん.ねっと|駅情報局:土居駅」の構内図の右下の「2011.3.12現在」より。同月22日閲覧
  6. ^ 出典・駅置きの広報誌『K PRESS』2014年5月号16面「くらしのなかの京阪」より
  7. ^ 出典・駅置きの広報誌『K PRESS』2016年11月号16面「くらしのなかの京阪」
  8. ^ a b 米屋こうじ『あなたの知らない大阪「駅」の謎』洋泉社、2016年、88-89頁。ISBN 978-4-8003-0924-2
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成9年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成10年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  23. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  24. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  25. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  26. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  27. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  28. ^ 大阪府統計年鑑(平成29年) (PDF)
  29. ^ 大阪府統計年鑑(平成30年) (PDF)
  30. ^ 旭区北港観光バスに委託し運行。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]