土居方玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土居 方玄(どい まさつね、1512年永正9年) - 1574年天正2年))は、戦国時代武将

伊予国久米郡石井郷南土居(現在の愛媛県松山市)に生まれる。家系は伊予豪族である河野氏の支族で、方玄は土居家9代目当主である。また土居下野守(しもつけのかみ)方玄(まさつね)と呼ばれることもある。父は通方、子は方貞(孫九郎)。

年称不明、方玄は河野家第39代当主河野通直の命で長宗我部氏討伐の為、上浮穴郡(現在の内子町小田)の本川野村に移り、河野家の家来である大野城主の大野直昌の家来となった。方玄は本川城を築き、その当主となった。

1574年(天正2年)8月、睨み合いを続けていた長宗我部軍の総大将、長宗我部元親より話し合いで和睦を結びたいとの一報が大野軍に入る。方玄含む大野軍は和睦を結ぶため、土佐(現在の高知県)と伊予との国境にある笹ケ峠を目指す。ところが丁度国境に差し掛かったころ、兵を隠しておいた長宗我部軍に囲まれてだまし討ちにされてしまう(笹ケ峠の戦い)。これにより土居下野守方玄は討死、63歳であった。

死後、子の土居孫九郎方貞が後を継いだが、1585年(天正13年)、豊臣秀吉による四国征伐によって、本川城は落城。その後土居家は帰農し、江戸時代になると、方貞の長男は大川村(現在の久万高原町)、次男は惣川村(現在の野村町)、三男は白髭村(現在の野村町)、四男は四郎谷村(現在の野村町)にて代々庄屋を務めることになる。