土佐電気鉄道200形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土佐電気鉄道200形電車(とさでんきてつどう200がたでんしゃ)とは、1950年に登場した土佐電気鉄道路面電車車両である。

2014年(平成26年)10月1日付で土佐電気鉄道が高知県交通土佐電ドリームサービスと経営統合し、新会社とさでん交通による運営に移行したのに伴い、当時在籍していた15両は土佐電気鉄道からとさでん交通に承継された。

本稿では200形と同一車体であるカルダン駆動車の500形電車についても記述する。

概要[編集]

207号。非冷房車
201号。冷房改造車
205号。車体更新により前面中央の窓が拡大されている。
216号。前面窓の寸法は変えられていない。台車は軸梁式のOK-14である。

製造初年は1950年。当時各地に登場した都電6000形のコピー車の一つであり、他にも名鉄モ570形などがある。都電6000形とは、軌間(都電は1372mm、土電は1067mm)や前照灯の位置(都電6000形は窓下、土電200形は窓上)等の細部が異なる。

集電装置は201 - 210までZパンタ、211以降はパンタグラフになっている。201及び202は1980年に冷房改造されたが、203以降は冷房化未施工である。211・212・219 - 221は間接非自動制御で連結器を装備して、安芸線との直通運転に使われていた。安芸線の廃止後は他車と性能は合わせられ、連結器は外されている。

201・202・204・205は車体更新され、前面中央窓が拡大されている。側面窓は201 - 214が2段上昇式で10枚、それ以降が1段下降式で11枚となっていたが、201と202は冷房改造に伴い上段をHゴムで固定した1段上昇式(いわゆる「バス窓」)に変更された。車高・自重・定員は車両によって違いがあり、台車は6つの型式が混在しているなど、バリエーションが多い。

製造は201 - 205までの1次車は日立及び帝国車両、206 - 210までの2次車及び211 - 214までの3次車は日立、それ以降は自社工場で製造している。

203は1971年5月の事故により廃車となった。その他の車両も2000年より2000形に車体更新された車両が現れており、3両が改造されている。215と220は、2005年12月にはりまや橋交差点で接触事故を起こし休車となっていたが、廃車となった。221は老朽化等の事情から長期休車の後2015年11月5日に廃車された。よって、2016年現在の在籍数は14両であり、桟橋線をメインに全線で幅広く運用されている。

非冷房車は夏季には朝ラッシュ時以外ほとんど動いていない。在籍する全ての車輌が車齢60年を越えている。

主要諸元(201)[編集]

  • 製造初年:1950年
  • 全長:11600mm
  • 全幅:2275mm
  • 全高:3750mm
  • 自重:16.1t
  • 車体構造:普通鋼
  • 定員(着席):60(32)人
  • 出力・駆動方式:38kW×2、吊り掛け
  • 台車:日立製作所SA-W2

各車状況[編集]

  • 201 - 1950年4月竣工、桟橋車庫所属
  • 202 - 1950年4月竣工、桟橋車庫所属
  • 203 - 1950年4月竣工、1971年5月事故廃車
  • 204 - 1950年4月竣工、桟橋車庫所属
  • 205 - 1950年4月竣工、桟橋車庫所属
  • 206 - 1953年10月竣工、桟橋車庫所属
  • 207 - 1953年10月竣工、桟橋車庫所属。2015年1月に、電車創業111周年を記念して「高知の電車とまちを愛する会」の手により、過去の「金太郎塗装」が再現された[1]
  • 208 - 1953年10月竣工、桟橋車庫所属
  • 209 - 1953年10月竣工、桟橋車庫所属
  • 210 - 1953年10月竣工、桟橋車庫所属
  • 211 - 1954年7月竣工、桟橋車庫所属
  • 212 - 1954年7月竣工、桟橋車庫所属
  • 213 - 1954年7月竣工、桟橋車庫所属。ツーマン塗装。
  • 214 - 1954年7月竣工、桟橋車庫所属
  • 215 - 1955年8月竣工、2005年12月21日の事故に伴い休車となっていたが後に廃車
  • 216 - 1955年8月竣工、桟橋車庫所属
  • 217 - 1955年8月竣工、2004年2月廃車、部品は2000形2002に流用
  • 218 - 1955年9月竣工、2000年3月廃車、部品は2000形2001に流用。車体はわんぱーくこうちに、西鉄譲渡車由来のKL-11台車を装着して保存されている(ツーマン塗装)。
  • 219 - 1956年8月竣工、2004年8月廃車、部品は2000形2003に流用
  • 220 - 1957年6月竣工、2005年12月21日の事故に伴い休車となっていたが後に廃車
  • 221 - 1957年6月竣工、2006年の検査時に台車換装(川崎車輌OK-14→住友金属工業FS78A=元名鉄モ593号のもの)。2015年11月5日廃車。

500形[編集]

501号。非冷房車(1990年)

1950年代後半、私鉄各社でカルダン駆動方式を採用した高性能電車が登場していたが、路面電車では主に戦前のアメリカで大量製造されたPCCカーの走行機器類を応用した高性能電車を製造していた。都電でも5500形が登場し、その後6000形のラストナンバーの6291が5500形の走行機器類に改められ6500形に改番された。この6500形の走行機器類を基に200形の車体を乗せた土佐電気鉄道初のカルダン駆動車となった500形1両が1954年に登場した。

車体は同年に製造された200形3次車に準じるが、走行機器類は直角カルダン駆動方式、電空併用ブレーキ、間接自動制御など最新設備を大量に盛り込んだ。

だが1両のみの製造にとどまり、特殊構造による保守の難しさから1965年に200形と同様の吊掛け駆動方式、直接制御に改められた。

その後車齢50年近くに達し、老朽化が顕著であったことから2002年100形の登場と入れ替わりに廃車された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「金太郎電車」60年ぶりに復活 愛好家らが復元 高知 - 朝日新聞デジタル2015年1月12日

参考文献[編集]