土佐光成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『楠公一代絵巻』(下赤坂城の戦い
『楠公一代絵巻』(千早城内でわら人形を作っている光景)

土佐 光成(とさ みつなり、正保3年12月20日1647年1月25日) - 宝永7年3月21日1710年4月19日))は、江戸時代初期から中期にかけて活躍した土佐派絵師

経歴[編集]

土佐派を再興した土佐光起の長男として京都に生まれる。幼名は藤満丸。「光成」は「みつなり」と読むのが通例だが、「みつしげ」とも称される。父から絵の手ほどきを受ける。延宝9年(1681年)に跡を継いで絵所預となり、正六位下、左近将監に任ぜられる。禁裏への御月の調進が三代に渡って途絶していたが、元禄5年(1692年東山天皇の代に復活し毎月宮中へ扇を献ずるなど、内裏仙洞御所の絵事御用を務めた。元禄9年(1696年)5月従五位下、翌月に形部権大輔に叙せられた後、息子・土佐光祐(光高)に絵所預を譲り、出家して常山と号したという。弟に、同じく土佐派の土佐光親がいる。

画風は父・光起に似ており、光起の作り上げた土佐派様式を形式的に整理を進めている。『古画備考』では「光起と甲乙なき程」と評された。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款 印章 備考
新三十六歌仙 絹本著色 1帖 和泉市久保惣記念美術館 「土佐光成」 「光成」朱文方印
藤原山蔭 絹本著色 1幅 総持寺茨木市 「土(佐あるいは左)□□将監藤(原)□成筆」[1]
懸想文売図 絹本着色 1幅 111.0x44.4 東京芸術大学大学美術館 「土佐左近将監光成筆」
新六歌仙図 絹本著色 1帖 櫛田神社 「土佐左近将監光成筆」
十二首和歌絵屏風 紙本著色 六曲一双押絵貼 香川県立ミュージアム 1683年-1684年(天和3年-貞享元年) 賛は、一条冬経近衛基熙鷹司兼熙有栖川宮幸仁親王尭恕法親王真敬法親王義延法親王今出川公規大炊御門経光、信雅、高賢、松平頼重[2]
烏丸資慶 絹本著色 1幅 110.9x47.7 法雲院(右京区 1693年(元禄6年)賛 英中玄賢賛。賛文により資慶二十五回忌の際、光成が描いたとわかる。なお法雲院には前年に光成が描いた「烏丸宣定像」も伝存する[3]
後水尾法皇 絹本著色 1幅 萬福寺 1694年(元禄7年)3月25日の奉納か 画面裏側左下に「土佐 正六位下左近衛将監藤原光成謹寫」 「光成之印」白文方印[4]
七夕図 絹本著色 1幅 40.5x56.5 敦賀市立博物館 「土佐正六位下左近衛将監藤原光成筆」 「光成印章」朱文方印 鷹司兼熙[5]
楠公一代絵巻 絹本著色 2巻 楠妣庵観音寺 1695年(元禄8年)9月 「画所預従五位下左近将将監藤原光成謹寫」 奥書に徳川光圀が閲覧したという謂れがある。しかし、上述のように光成が従五位下に叙されたのは翌年で、奥書をそのまま信じるには疑問が残る[6]
川中島合戦図屏風[1] 絹本著色 六曲一双 ミュージアム中仙道 「従五位下土佐刑部権大輔藤原光成筆」 江戸時代初中期の屏風絵で絹本の大作は非常に稀で、合戦図で筆者の落款があるのも珍しい[7]
粟鶉図 絹本著色 1幅 根津美術館 「従五位下土佐刑部権大輔藤原光成筆」[8]
三十六歌仙扁額[2] 板絵著色 36面 阪南市波太神社 「土左従五位下刑部権大輔藤原光成筆」 大阪府指定文化財
前田綱紀画像 絹本著色 1幅 72.0x30.0 石川県立歴史博物館 「土佐従五位下藤原光成筆」[9]
兼好法師 絹本著色 1幅 97.4x41.7 常楽寺 (伊賀市) 「土佐刑部権大輔従五位下藤原光成筆」 三重県指定文化財[10][11][12]
寂室元光
一絲文守
南嶺慧詢
絹本著色 3幅対 105.2x51.1(各) 松雲寺 1702年(元禄15年) 「土佐刑部権大輔従五位下藤原光成寫」
「土佐刑部権大輔従五位下藤原光成并筆」
「土佐刑部権大輔従五位下藤原光成教図」
南嶺慧詢賛[13]
駿府鳥瞰図 駿府博物館 1708年(宝永5年)頃 「従五位下土佐守刑部権輔藤原光成筆」 静岡市指定文化財。富士山に宝永山が描かれているため、宝永4年(1707年)から光成が没するまでの作品。
Fifty-four Scenes from the Tale of Genji(左隻右隻 紙本金地著色 六曲一双貼交 約156x354(各) ミネアポリス美術館 17世紀
Six Months of the Year as Seen in the Tale of Genji 紙本金地著色 六曲一隻 101.28x207.8 ミネアポリス美術館
土佐家累代肖像 土佐光起(寿光院殿)像 絹本著色 1幅 京都国立博物館
紫式部須磨明石 絹本著色 3幅対 石山寺
松竹正月飾図 3幅対 毛利博物館
定家詠十二ヶ月花鳥図屏風 紙本著色 六曲一双 170.2x337.4(各) インディアナポリス美術館
源氏物語図屏風 六曲一双 石山寺 伝土佐光成
和歌の橘図巻 2巻 サントリー美術館 伝土佐光成

脚注[編集]

  1. ^ 茨木市史編さん委員会 『新修茨木市史 第九巻 史料編 美術工芸』 茨木市、2008年3月31日、口絵18、p.31。
  2. ^ 香川県立博物館編集・発行 『高松松平家歴史資料目録2 絵画1』 2003年3月31日、pp.12-13。
  3. ^ 京都市文化市民局文化部文化財保護課編集発行 『京都市文化財ブックス第11集 京都近世の肖像画』1996年2月、p.44。
  4. ^ 藤本裕二 「黄檗山萬福寺所蔵・土佐光成筆「後水尾法皇像」について ─法皇への追慕 萬福寺と土佐派の伝統─」(黄檗文化研究所編集 『黄檗文華』第130号 2009-2010、黄檗山萬福寺文華殿発行、2011年7月、pp.67-75。
  5. ^ 敦賀市立博物館編集・発行 『館蔵逸品図録』 1995年1月4日、第14図。
  6. ^ 和田琢磨 「翻刻 楠妣庵観音寺蔵『楠公一代絵巻』上巻」「翻刻 楠妣庵観音寺蔵『楠公一代絵巻』下巻」『亜細亜大学学術文化紀要』21-22号、2012-13年。同「近世における軍記物語絵巻の一様相 ─『平家物語絵巻下絵』『根元曾我物語絵巻』『楠公一代絵巻』」(人間文化研究機構 国文学研究資料館編 『絵が語る日本 ニューヨーク スペンサー・コレクションを訪ねて』 三弥井書店、2014年3月、pp.253-258。
  7. ^ 高橋修 「ミュージアム中仙道所蔵 土佐光成筆「川中島合戦図屏風」の図像的特徴と成立背景」『新潟県立歴史博物館研究紀要』第5号、2004年3月、pp.17-23。高橋修監修 『歴史群像シリーズ特別編集 決定版 図説・戦国合戦図屏風』 学研、2004年、20-23頁参照。ISBN 978-4-05-402579-0
  8. ^ 『根津美術館蔵品選 書画編』 2001年、p.169、ISBN 4-930817-28-5
  9. ^ 石川県立歴史博物館編集・発行 『徳川将軍家加賀藩 ─姫君たちの輝き─』 2010年9月23日、p.37。
  10. ^ 『三重県の文化財保護―平成八年度―』 三重県教育委員会、1997年。
  11. ^ 『伊賀市史』第一巻 通史編古代中世、2011年。
  12. ^ 三重県編集発行 『三重県史 別編 美術工芸(解説編)』 2014年3月31日、pp.153-154。
  13. ^ 公益財団法人 日本習字教育財団 観峯館編集・発行 『観峯館 平成二十八年度特別企画展 「開山寂室元光禅師650年遠諱 永源寺に伝わる書画」』 2016年9月17日、pp.19,33,41。

参考文献[編集]

関連項目[編集]