土井美夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土井美夫(どい よしお、1901年 - 1986年)は日本の植物学者である。

広島県尾道市出身、広島高等師範学校付属臨時教育育成養成所を卒業し、鹿児島県、広島県で中学、高校の教員を務めた。旧制伊集院中学の教員時代などに多くの新種の植物を採集した。著書に、『薩摩植物誌』(文明堂書店、1926年-1931年)、『広島県植物目録』(博新館、1983年)がある。

ネコノメソウ属の種、 ツクシネコノメソウの学名(Chrysosplenium Doianum OhwiChrysosplenium rhabdospermum Maxim.シノニム)に献名された。

Y.Doiは、植物の学名命名者を示す場合に土井美夫を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

参考文献[編集]