土井忠生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土井 忠生(どい ただお、1900年(明治33年)3月16日 - 1995年(平成7年)3月15日)は、日本国語学者キリシタン文献の国語学研究を専門とする。

人物[編集]

広島県出身。1926年京都帝国大学文学部国語学科卒。1936年論文「ジヨアン・ロドリゲスの著せる日本文典の研究」で京都帝大文学博士広島文理科大学教授広島大学教授、1964年定年退官、名誉教授広島女子大学教授、1965年学長

著書[編集]

単著[編集]

  • 『明治大正國語學書目解説』岩波書店、1932 岩波講座日本文學
  • 『近古の国語』明治書院、1934 國語科學講座 國語史學
  • 『十七世紀初頭に於ける日本語の發音』文学社、1937
  • 『吉利支丹語学の研究』靖文社 1942 のち三省堂
  • 『日本語要説』靖文社、1949
  • 『吉利支丹文献考』三省堂、1963
  • 『国語史論攷』三省堂、1977
  • 『吉利支丹論攷』三省堂、1982

共編著[編集]

  • 徒然草抄』廣幸亮三共編 三学社、1946
  • 『現代文抄』廣幸亮三編 三學社、1948
  • 『源氏物語抄』廣幸亮三共編 三學社、1949
  • 枕草子抄』廣幸亮三共編
  • 『国語史要説』森田武共著 修文館、1955
  • 『国語表現法』真下三郎共著 修文館、1955
  • 『日本語の歴史』共著 至文堂、1957
  • 『徒然草学習指導の研究』編 三省堂、1962

海外文献[編集]

  • ジョアン・ロドリゲス『日本大文典』訳註 三省堂出版、1955
  • ジョアン・ロドリーゲス『大航海時代叢書 日本教会史』池上岑夫等訳 藪内清伊東俊太郎共訳・注 岩波書店、1970
  • 『日本思想大系 25 (キリシタン書・排耶書)』キリシタン書 どちりいなーきりしたん 病者を扶くる心得 サカラメンタ提要付録 御パションの観念 丸血留の道(H.チースリク、大塚光信共校注) 岩波書店、1967-70
  • ロドリゲス『日本文典』解題 書誌解説:三橋健 勉誠社、1976
  • 『日葡辞書 邦訳』森田武、長南実共編訳 岩波書店、1980

記念論集[編集]

  • 『国語史への道 土井先生頌寿記念論文集』三省堂、1981

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  • 佐藤井岐雄 - 同僚の広島文理科大学教授(生物学者)。原爆で重傷を負って土生宅に避難しそこで死去。