圓照寺 (小浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
圓照寺
圓照寺 (小浜市)
所在地 福井県小浜市尾崎22-5
位置 北緯35度28分11.9秒 東経135度44分28.6秒 / 北緯35.469972度 東経135.741278度 / 35.469972; 135.741278座標: 北緯35度28分11.9秒 東経135度44分28.6秒 / 北緯35.469972度 東経135.741278度 / 35.469972; 135.741278
山号 地久山
宗派 臨済宗南禅寺派
本尊 大日如来
創建年 文安元年(1444年
正式名 地久山圓照寺
札所等 若狭観音霊場 第20番
文化財 大日如来坐像、不動明王立像(国の重要文化財)
庭園(県指定名勝)
法人番号 6210005008508 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

圓照寺(えんしょうじ、円照寺)は、福井県小浜市尾崎にある臨済宗南禅寺派寺院山号は地久山。本尊は大日如来大和国春日大社の神託で彫られた大日如来像を三笠山にて祀ったのち、南川対岸の谷田部地区の若狭堂谷に真言宗遠松寺を建立し祀ったという。南川の洪水により、文安元年(1444年)に現在地に移して圓照寺と名を改め、より臨済宗南禅寺派に改宗。若狭観音霊場第20番札所。

文化財[編集]

重要文化財
  • 木造大日如来坐像[1][2]
平安時代、像高251.5cm。伝春日仏師作。寄木造。寺の公式サイトの説明によれば、国宝、重文指定の63躰の大日如来像の中で4番目の大きさであり、北陸随一の大きさであるという。
  • 木造不動明王立像[3][4]
平安時代後期、像高158.7cm。檜材の寄木造。
福井県指定名勝
庭園は、自然地形を利用した回遊式庭園である。モリアオガエルの生息地としても知られる。

交通アクセス[編集]

近隣情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 木造大日如来坐像 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  2. ^ 福井の文化財「木造 大日如来坐像」”. 福井県. 2016年8月27日閲覧。
  3. ^ 木造不動明王立像 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  4. ^ 福井の文化財「木造 不動明王立像」”. 福井県. 2016年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]