國保陽平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
國保陽平
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県盛岡市
生年月日 (1987-03-04) 1987年3月4日(32歳)
身長
体重
182 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

國保 陽平(こくぼ ようへい、1987年3月4日 - )は、は岩手県盛岡市出身の元野球選手(外野手)。右投右打。現・岩手県立大船渡高校野球部監督

経歴[編集]

岩手県立盛岡第一高校筑波大学体育専門学群を卒業。

社会人クラブチーム「Tsukuba Club」を経て、2010年にアリゾナサマーリーグに参加。同年、アメリカ独立リーグゴールデンベースボールリーグに所属するティフアナ・シマロンズと契約。

25試合に出場し、.254(59打数15安打) 2本 7打点の成績を残すも、同年限りで退団。

帰国後に体育教師として岩手県立花巻農業高校に赴任。野球部監督となる。

2017年4月より岩手県立大船渡高校に異動し、野球部監督に就任[1]

2019年7月 大船渡高校が全国高校野球選手権岩手大会決勝戦まで駒を進めるが、花巻東高校に敗れ準優勝。この試合でエースの佐々木朗希の登板を見送ったことが賛否両論を巻き起こし、社会的に大きな関心を集めた。

登板回避問題[編集]

2019年の第101回全国高校野球選手権岩手大会において、國保が指揮を執る大船渡高校はプロ注目の163キロ右腕・佐々木朗希を擁し優勝候補の一角に数えられていた。チームは順調に勝ち上がり7月30日の決勝戦に駒を進めたが、國保は佐々木の登板を見送り、花巻東高校に2-12で敗れ、あと一歩のところで35年ぶりの甲子園出場を逃した。試合後國保は「3年間で(佐々木が)一番壊れる可能性があると思った。故障を防ぐため。私が判断した」と登板回避の理由を説明したが、これに対して大船渡高校には2日間で250件の苦情が殺到し、その起用法を巡っては野球関係者や評論家の間でも賛否両論が巻き起こり、メディアでも多数取り上げられることととなった[2]。この出来事は、その後も高校野球の投手の起用法やトーナメントでの戦術に関する議論において引き合いに出されるなど、問題に一石を投じることとなった。 《 詳細については「佐々木朗希 #登板回避問題」参照 》

脚注[編集]

  1. ^ 大船渡監督「人生につながるよう」佐々木を導く決意”. 日刊スポーツ(2019年5月1日). 2019年5月3日閲覧。
  2. ^ プチ鹿島 (2019年7月30日). “報道が過熱する「佐々木朗希」問題。各スポーツ紙はどこに注目したのか。”. Number Web. 株式会社文藝春秋. 2019年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]