国際防災デー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スマトラ島沖地震 (2004年)の津波で破壊されたスマトラ島西部の街

国際防災デー(こくさいぼうさいデー)は、自然災害の軽減を目的とした国際デーである。1989年より毎年10月の第2水曜日に定められている。2009年の国連総会で10月13日と変更された。

目的[編集]

国際防災デーは、国際的な協調を通じて一致した行動を取ることで地震風水害土砂崩れ火山噴火森林火災虫害干ばつ砂漠化その他の自然災害の被害から人命や財産、社会的秩序を守ることをアピールする日である。

成立[編集]

国際防災デー1989年12月の第44回国際連合経済社会理事会の決議により設けられた。国連防災の10年の宣言とともに、10月13日国際防災デーに制定した。その後、1987年-1989年の国連総会開会中に、関係する細目を議決するとともに、毎年10月の第3水曜日に改めた。

防災の10年[編集]

1990年-1999年を国連防災の10年とし、減災の活動を展開して、2000年は災害が減少して10年のイベントを終わった。国連総会は1999年11月にこの活動をさらに10年間行うことを決議した[1]

テーマ[編集]

毎年国際的な減災のためのテーマを定めている[2]

国際防災デーの各年テーマ
主題
1991年 減災・発展・環境
1992年 自然災害の軽減と持続的発展
1993年 自然災害の軽減
1994年 安全な21世紀のための災害を受けやすい地域の確定
1995年 女性や子どもたちを守る
1996年 都市化と災害
1997年 水:多すぎても、少なすぎても災害をもたらす
1998年 防災とメディア
1999年 減災による利益-科学技術により生命・財産を守る
2000年 防災、教育と青年-特に森林火災への関心
2001年 災害を防ぎ、損失を減らす
2002年 山岳地帯の防災と持続的発展
2003年 災害との共存-災害があっても持続的に発展するために
2004年 経験に学び、防災を未来へ生かす
2005年 少額融資と安全な手段を用いて、災害とたたかう
2006年 災害から学校を守る
2007年 災害から学校を守る
2008年 災害のリスクを減らして、病院の安全を守る
2009年 災害のリスクを減らして、病院の安全を守る-退きますか?守りますか?人々の命を救います

脚注[編集]

関連項目[編集]