国連薬物犯罪事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国連薬物犯罪事務所
概要 事務局
略称 UNODC
状況 活動中
活動開始 1997年
本部 ウィーン
公式サイト United Nations Office on Drugs and Crime - UNODC
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

国連薬物犯罪事務所(こくれんやくぶつはんざいじむしょ、United Nations Office on Drugs and Crime:略称UNODC)は、薬物規制と薬物犯罪対応に加え、人身売買資金洗浄を含めた組織犯罪汚職を含めた腐敗対応を目的として、1997年に設立された国際連合の機関である[1][2]

1991年に国連薬物統制計画(UNDCP)および犯罪防止刑事司法計画が設立され、1997年に両者を統合し、国連薬物統制犯罪防止事務所(UNODCCP)が設立された。2002年に国連薬物犯罪事務所に名称変更している[2]。ウィーンの本部のほか、世界各地に支部を持つ[1][2]。主に拠出金で運営され、2009年時点では職員数約450名[1]、2015年時点では約698名となっている[2]。各機関への助言や司法制度整備支援をはじめ、関連する調査・統計等も行っている[1][2]

国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約国際連合腐敗防止条約(United Nations Convention against Corrptionの執行にも携わっている[2]。さらに犯罪の問題に関連して世界のAIDS/HIV問題や刑事施設の監視も行っている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 国際連合広報局『国際連合の基礎知識』関西学院大出版会、2009年、P72-73。ISBN 978-4-86283-042-5
  2. ^ a b c d e f 国連薬物・犯罪事務所(外務省)
  3. ^ 国連薬物犯罪事務所(国際連合広報センター)

外部リンク[編集]