国際連合安全保障理事会決議1999

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議1999
日付: 2011年7月13日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 6582回
コード: S/RES/1999 (UNSCR1999)
文書: 英語


主な内容: 南スーダンの加盟を勧告する
投票結果: 採択

安全保障理事会(2011年時点)
常任理事国

中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
ロシアの旗 ロシア
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

非常任理事国
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
ブラジルの旗 ブラジル
 コロンビア
ドイツの旗 ドイツ
ガボンの旗 ガボン
インドの旗 インド
レバノンの旗 レバノン
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
ポルトガルの旗 ポルトガル
 南アフリカ共和国

LocationSouthSudan.svg
南スーダンの場所

国際連合安全保障理事会決議1999(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1999、: United Nations Security Council Resolution 1999: UNSCR1999)は、2011年7月13日国際連合安全保障理事会で採択された南スーダン情勢に関する決議。

概要[編集]

国連安保理決議1999は、国連安保理による南スーダンの国連加盟の検討を経て、その結果として、国連総会に対して加盟を認めるべきであると勧告した[1][2]。決議は南スーダン大統領サルバ・キール・マヤルディからの要請に基づいて安保理に提出され[3]、無投票で採択された。翌7月14日の総会では同国の加盟に特に反対意見は出ず、加盟を認める国連総会決議が全会一致で採択された。これにより南スーダンは国連193番目の加盟国となった[4][5]

関連項目[編集]

参考文献[編集]