国際連合プロジェクトサービス機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
国連プロジェクトサービス機関
概要 国連機関(独立採算制)
略称 UNOPS
代表 グレーテ・ファレモ(事務局長)
状況 活動中
活動開始 1973年3月
本部 コペンハーゲン
公式サイト http://www.unops.org
母体組織 国連システム
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

国連プロジェクト・サービス機関(こくれんぷろじぇくとさーびすきかん、英語:United Nations Office for Project Services、略称:UNOPS)はプロジェクト実施に特化した国際機関であり、他の国際機関、国際金融機関及び各国政府等からの依頼に基づき、援助事業の実施を担っている。

本部はデンマークコペンハーゲン[1]

UNOPSの事業規模総額は毎年10億米ドルを上回り、平和構築、安全保障、人道支援、開発プロジェクトなど、パートナーとともに80以上の国・地域において事業を実施している。実績の一例としては、アフガニスタンにおける学校建設、ハイチにおける避難所の建設、エボラ出血熱対応のためのリベリアにおける救急車の調達といったプロジェクトが挙げられる。UNOPSは特に紛争や災害後といった困難な現場において活動を行っている。

UNOPSは国際連合開発グループ(UNDG: United Nations Development Group)[2] の1機関である。事業の実施にあたってはUNDPや国連平和維持活動局(DPKO)、世界銀行等と緊密に連携を取っている。

歴史[編集]

UNOPSは1973年にUNDP(国際連合開発計画)の一部局(Office for Project Service)として設立され、他の国際機関や政府もそのプロジェクトサービスを使えるようにと1995年に独立機関となった。コアファンド(政府拠出金)を受けず、独立採算制を取る。

UNOPSはそのマンデートと専門性に基づき、主にインフラ、調達、プロジェクトマネジメント、人材および財務管理に関するサービスを提供している。

財政[編集]

UNOPSは完全独立採算の機関である。コアファンド(政府拠出金)を受けず、事業運営実施のみで全ての経費を賄っている。独立採算制に関しては規定に基づき運営されている。[3]

UNOPSは非営利機関であり、UNOPSが携わるあらゆる取引は、国際的に最も厳格なアカウンタビリティおよび透明性に関する基準を満たしている。[4][要出典].

使命[編集]

UNOPSの使命は、人々がよりよい生活を築くための支援を通じ、世界各国の持続可能な開発を支援することである。

UNOPSのビジョンは、持続可能かつ強靭なインフラや、効率的で透明性高い調達及びプロジェクトマネージメントを行うことで、人々が尊厳ある生活を送るために貢献することである。

UNOPSはパートナーの持続可能な開発目標実現支援、そして2030アジェンダ達成支援のため、広い範囲に渡り貢献している。

特にパートナーが事業のリスク低減、迅速な実施、品質確保、あるいは費用対効果の向上を必要とする場合に、補完支援する役割を果たしている。

マンデート[編集]

UNOPSは、調達、契約管理、土木工事、インフラ開発、これらに関連する能力開発に関し、国連システムにおける中心的資源である」と2010年12月に開催された国連総会においてUNOPSのマンデートが再確認された[5]

UNOPSは20年以上に渡り世界各国で大規模事業や多岐に渡る事業を行ってきた実績がある [6]。特に紛争や災害後といった困難な現場、開発途上国や市場経済移行国において顕著な役割を果たしてきた。

このUNOPSの専門性は広く認識されており、例えば前国連事務総長コフィ・アナン氏は、平和構築に資する複雑なインフラプロジェクトを実施する上で、UNOPSは主要な役割を果たす国際機関であると述べている。

2009年5月にUNOPS本部開所式がコペンハーゲンで行われた際に、前国連事務総長潘基文氏は「UNOPSは平和構築、人道支援、開発に取り組むにあたって、非常に重要な国連機関の1つである」と位置づけ、「UNOPSは社会経済の安定化に向けて取り組んでいる国々に対して、道路建設、学校建設、病院建設、地雷除去、民主的選挙の実施支援等を通じ貢献している」と 述べている。[7]

現国連事務総長アントニオ・グレーテス氏は、UNOPSの高い専門性は、各国政府が持続可能な開発目標や気候変動に関するパリ協定を実現する際に重要な役割を果たすと強調し「イエメン、イラク、ソマリア、コロンビアなどの国々では、UNOPSが他の国際機関に調達やその他専門分野の技術支援を行ったことにより、何百万人もの人々が救援物資を受け取ることが出来、より安全で安定した社会の構築に貢献した。」と述べている。[8]

事業サービス[編集]

UNOPSはパートナーのニーズに合わせてサービスを提供しており、その範囲は短期や単体の事業から、長期的な事業管理に渡る。特に専門性を有している以下の5分野においては、その豊富な経験に基づき、事業実施支援やアドバイザリーサービス、取引関連サービスを提供している:

  • インフラストラクチャー
  • 調達
  • 事業管理
  • 財務管理
  • 人材管理

UNOPSがその専門性を持ったサービスを提供しているパートナーは、国連システムの機関,計画,基金,国際及び地域金融機関,政府間組織,援助国及び被援助国政府,民間非営利団体、多国政府機関、NGO、各基金、民間セクターと多岐に及ぶ。

UNOPSの活動実績の一例としては、パートナーからの依頼に基づき、2016年にUNOPSは3,000km以上の道路、50の学校、74の病院、278の診療所等に関わる建設・設計・改修作業を完了。300万日を上回る雇用を創出。そのために調達・供給した物品・サービスの総額は9億米ドル以上に達する。[9]

またUNOPSは、国際援助を目的としたブロックチェーン(分散型台帳技術)の利用のためチームを結成した。[10]

透明性とアカウンタビリティ(説明責任)[編集]

UNOPSはアカウンタビリティ(説明責任)枠組みを設定し、明確かつオープンなコミュニケーションをパートナーや関係者と取ることを明言している。これは、「国際援助透明性イニシアティブ(IATI: International Aid Transparency Initiative)」に準ずる取り組みであり、UNOPSによる活動の透明性とアカウンタビリティを高めるための施策の1つである。

UNOPSは2011年にIATIに加入し、「IATIに基づき全ての事業実施地点の経緯度情報(Geocoded Information)を公開した初めての機関」である。[11] またUNOPSが支援した事業に係る詳細なデータはUNOPSの公式ウェブサイトおよびデータサイト(data.unops.org)にて公開されている。

優れた質と運営[編集]

最先端の国際水準を業務に反映しつづけるため、UNOPSは戦略計画に即し、本部運営、事業管理、人事に係る外部認証の取得に取り組んできた[12]

その結果、2011年6月には、国連機関として初めて、品質管理システムに関する国際基準であるISO 9000認証を取得した。[13][14]

また、2013年には環境保護へ積極的に寄与するべく、ISO14001の認証を取得した。これにより、UNOPSはプロジェクトマネジメントに関して国際的に広く認知された4つの認証を全て取得した初の国際機関となった。[15]

UNOPSはまた、英国勅許調達供給協会 (CIPS:Chartered Institute of Procurement & Supply)から調達方針と手続きに関する認証を受けている。これはUNOPSの調達方針、調達プロセス、調達手続きが第三者機関からの検証からも有効なものであることを意味している。UNOPSは2015年から毎年、UNOPSは、CIPS Gold level(持続可能な調達)を維持している。[16]

外部リンク[編集]

参照[編集]

  1. ^ United Nations in Denmark”. United Nations. 2010年2月15日閲覧。
  2. ^ UNDG Members”. UNDG. 2015年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月7日閲覧。
  3. ^ Pricing policy”. www.unops.org. 2018年9月12日閲覧。
  4. ^ Information disclosure”. www.unops.org. 2018年9月12日閲覧。
  5. ^ UN General Assembly Resolution 65/176”. UN. 2014年1月8日閲覧。
  6. ^ United Nations Office for Project Services”. United Nations Brussels. 2012年9月6日閲覧。
  7. ^ Strategic plan 2010-2013”. UNOPS. 2018年9月12日閲覧。
  8. ^ Sustainability Report 2016”. UNOPS. 2018年9月12日閲覧。
  9. ^ Annual report of the Executive Director”. Executive Board of the United Nations Development Programme, the United Nations Population Fund and the United Nations Office for Project Services. 2018年9月12日閲覧。
  10. ^ [1] 18 July 2017
  11. ^ UNOPS first to publish geocoded project information in the IATI format”. International Aid Transparency Initiative (IATI). 2014年1月8日閲覧。
  12. ^ UNOPS Management Response to the Activity Report for 2011 of IAIG and annexes”. DPOPS2012-5. UNDP. 2012年9月6日閲覧。
  13. ^ DP/OPS/2015/5-Annex 2”. Strategy and Audit Advisory Committee Annual Report 2011. UNDP. 2012年9月6日閲覧。
  14. ^ Daily Brief”. UNDP, UNFPA and UNOPS Executive Board Second Regular Session 2011 New York, 6 to 9 September. UNFPA. 2012年9月6日閲覧。
  15. ^ UNOPS commits to greening its infrastructure projects”. UNOPS commits to greening its infrastructure projects. UNOPS. 2018年9月12日閲覧。
  16. ^ SPHS Annual Report 2016”. ISSUU. 2017年11月17日閲覧。