国際法律家委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国際法曹委員会から転送)
移動先: 案内検索

国際法律家委員会(こくさいほうりつかいいんかい、英:International Commission of Jurists、略称:ICJ、仏:Commission internationale de juristes)は、「法の支配」の確立を目的として設立されたNGO

1952年に設立され、世界各国の裁判官法学者弁護士が委員に選任されている。国際連合経済社会理事会ユネスコ欧州評議会アフリカ連合の諮問機関の資格を有する。世界各地の人権問題について調査、意見書の発表等を行っている。本部はスイスジュネーヴにある。

1991年に日本の自由人権協会が加盟団体となっている。1996年から横田洋三中央大学法科大学院教授が委員になっている。1989年エラスムス賞1993年には国連人権賞を受賞している。同年6月には、ウィーン宣言及び行動計画を採択した世界人権会議に参加し、国際刑事裁判所の成立にも貢献した。2008年から2010年にかけては、メアリー・ロビンソンが委員長を務めた。2011年1月には後任として、1983より1989年まで米州人権条約に拠く、米州人権裁判所の裁判長を務めた、ペドロ・ニッケ(Pedro Nikke)が委員長に就任した。

外部リンク[編集]