国際博物館の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Daumier galerie tableaux.jpg

国際博物館の日(こくさいはくぶつかんのひ)は、博物館が社会に果たす役割を広く普及啓発するため、国際博物館会議(ICOM)が1977年に制定した記念日[1]。毎年5月18日

1977年、モスクワで開催された国際博物館会議の第11回大会で、国際博物館の日を設ける決議が採択。5月18日は、この第11回大会が開幕した日(1977年の5月18日)に因む[2]

ここで言う博物館(ミュージアム)とは、博物館のほか美術館科学館植物園水族館等も含むものである。年ごとに世界共通のテーマが定められ、各国で様々な企画が行われる。

日本では、日本博物館協会を主体として、2002年から参加。毎年同日には、無料開館や講演会、記念品贈呈などの記念事業が行われている[3]

テーマ[編集]

  • 2018年 - "Hyperconnected museums : New approaches, new publics"(新次元の博物館のつながり)
  • 2017年 - "Museums and Contested Histories : Saying the Unspeakable in Museums"(歴史と向き合う博物館)
  • 2016年 - "Museums and Cultural Landscapes"(博物館と文化的景観)
  • 2015年 - "Museums for a sustainable society"(持続する社会と博物館)
  • 2014年 - "Museum collections make connections"(コレクションは世界をつなぐ)
  • 2013年 - "Museums (Memory + Creativity) = Social Change"(博物館は未来をつくる)
  • 2012年 - "Museums in a changing world. New challenges, new inspirations"(変容する世界と博物館)
  • 2011年 - "Museum and Memory"(博物館と記憶)
  • 2010年 - "Museums for Social Harmony"(博物館と社会的調和)
  • 2009年 - "Museums and tourism"(博物館と観光)
  • 2008年 - "Museums as agents of social change and development"(社会の変化・発展に寄与する博物館)
  • 2007年 - "Museums and Universal Heritage"(博物館と人類共通の遺産)
  • 2006年 - "Museums and young people"(博物館と若者)
  • 2005年 - "Museums bridging cultures"(文化をつなぐ博物館)
  • 2004年 - "Museums and Intangible Heritage"(博物館と無形遺産)
  • 2003年 - "Museums and Friends"(博物館と友)
  • 2002年 - "Museums and Globalisation"(博物館とグローバリゼーション)
  • 2001年 - "Museums: building community"
  • 2000年 - "Museums for Peace and Harmony in Society"
  • 1999年 - "Pleasures of discovery"
  • 1998年-1997年 - "The fight against illicit traffic of cultural property"
  • 1996年 - "Collecting today for tomorrow"
  • 1995年 - "Response and responsibility"
  • 1994年 - "Behind the Scenes in Museums"
  • 1993年 - "Museums and Indigenous Peoples"
  • 1992年 - "Museums and Environment"

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]