国際スポーツ・フォア・オール協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国際スポーツ・フォア・オール協議会(こくさいスポーツ・フォア・オールきょうぎかい、英: The Association For International Sport for All、略称: TAFISA)は、世界中の人々の健康・体力づくりとスポーツ・フォー・オール推進を通して、生活の質を向上させることを目的に設立された国際スポーツ組織である。2009年9月4日台北で開かれたTAFISAワールドコングレスにおいて、旧称の「国際トリム・フィットネス生涯スポーツ協議会」から改名された。[1]

国際チャレンジデー世界スポーツ・フォア・オールゲームズ世界ウォーキングデーを主催している。100ヶ国以上の国からスポーツ振興団体が加盟しており、日本からは1992年に国内4団体(日本体育協会日本レクリエーション協会笹川スポーツ財団健康・体力づくり事業財団)によって設立された日本スポーツ・フォア・オール協議会 (略称: TAFISA-JAPAN、旧称: 日本トリム・フィットネス生涯スポーツ協議会[1]) が加盟している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b TAFISA-JAPANの名称変更について 2010年11月7日閲覧