国際ガールズ・デー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国際ガールズ・デー
正式名称 International Day of the Girl Child
日付 10月11日
テンプレートを表示

国際ガールズ・デー(こくさいガールズ・デー、英語: International Day of the Girl Child)とは、国際連合が総会において2011年12月19日に採択した記念日である[1]。「Day of Girls」や「International Day of the Girl」とも呼ばれる。毎年10月11日[2]児童婚ジェンダー不平等英語版女性に対する暴力女性差別の撤廃と女子教育の普及など、世界中の若年女性たちが直面している問題に取り組むことを訴えるために定められた[3][4][2][5]。国際慈善団体のプラン・インターナショナルが立ち上げた「Because I am a Girl」キャンペーンに起源を持つ[2]

背景[編集]

「国際ガールズ・デー」は、世界中の若年女性が直面している問題への意識を高め、また誤った認識を改めることを目的として制定された記念日である[5]。2012年10月11日が初の国際ガールズ・デーとなった。この日の制定は「開発政策、プログラム、キャンペーン、研究において、少女や若い女性が明確な集団として登場し、成功したことを反映している」と評価されている[6]。 これまで、一般的に国際的な開発計画[どれ?]では、若年女性が含まれていないケースや考慮されていないケースが多く、彼女たちの問題は「見えない」ものになっていた[7]アメリカ合衆国国際開発庁(USAID)によると、2014年頃まで世界の6200万人以上の少女が教育を受けることができなかった[8]。統計上、世界全体の5歳から14歳までの少女は、同年代の少年よりも1億6千万時間以上も家事を行う時間が多く[9]、4人に1人の女性が18歳までに結婚しているとされる[10][11]2016年10月11日、「ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関」である国連女性機関(UN Women)親善大使を務める女優エマ・ワトソンは、強制的児童婚を廃止するよう、世界中の国々や家庭に向けて呼びかけた[12]。世界中の多くの少女たちが性的暴力にさらされているが、様々な要因によって加害者達が処罰を逃れるケースが跡を絶たない[13]

「国際ガールズ・デー」は、少女が直面している問題だけでなく、それらの問題が解決されたときに何が起こりうるかについて意識を高めることを目的としている。例えば、女性がしっかりとした教育を受けることで、児童婚の回避や後天性免疫不全症候群(エイズ)などの性感染症といった様々な病気に罹患するリスクを下げたり、女性が安定した職業に就けるようになることによって、女性の地位向上だけでなく、経済活性化にも繋がると期待されている[11][14][15]

歴史[編集]

Girls at a 2014 International Day of the Girl Child Event.
2014年の「国際ガールズ・デー」イベントにおいて(インド

「国際ガールズ・デー」は元々、世界的に活動するNGO団体(非政府組織プラン・インターナショナルの「Because I Am a Girl」(女の子だから)英語版キャンペーンから派生したプロジェクトとして開始された[16]。プラン・インターナショナル・カナダの代表がカナダ連邦政府に呼び掛けるとともに、団体としてもこの活動の国際的な認知度の向上を目指して、最終的には国連にも働きかけが行われるようになった[17]

「国際ガールズ・デー」は、カナダが国連総会に正式提案し、第55回国連婦人の地位委員会(現: 国連女性の地位委員会)でも、日本における男女共同参画担当大臣にあたる「女性の地位」担当大臣英語版を務めるロナ・アンブローズ庶民院議員(英語版)をはじめとする女性の代表がこの取り組みの支持を表明をした。そして、2011年12月19日、国連総会は、2012年10月11日を初の「国際ガールズ・デー」とする決議を採択した[18]。この決議文では、「国際ガールズ・デー」について次のように述べられている[19]

[the] empowerment of and investment in girls, which are critical for economic growth, the achievement of all Millennium Development Goals, including the eradication of poverty and extreme poverty, as well as the meaningful participation of girls in decisions that affect them, are key in breaking the cycle of discrimination and violence and in promoting and protecting the full and effective enjoyment of their human rights, and recognizing also that empowering girls requires their active participation in decision-making processes and the active support and engagement of their parents, legal guardians, families and care providers, as well as boys and men and the wider community [...]


女子のエンパワーメントと投資は、経済成長、貧困、極度の貧困の撲滅を含む全てのミレニアム開発目標の達成に不可欠であり、また、女子に影響を与える意思決定への女子の有意義な参加は、差別と暴力の連鎖を断ち切り、完全かつ効果的な女子の人権の享受を促進、保護する上で重要であり、女子のエンパワーメントには、意思決定プロセスへの女子の積極的な参加と、両親、法定後見人、家族、ケア提供者、さらには男子や男性、より広いコミュニティの積極的な支援と関与が必要であると認識している。

「国際ガールズ・デー」には毎年、テーマが設定されている。

  • 2012年 - ending child marriage[20](児童婚の廃止)
  • 2013年 - innovating for girls' education[21](女子教育の革新)
  • 2014年 - Empowering Adolescent Girls: Ending the Cycle of Violence[22](思春期の女の子に力を与える: 暴力の連鎖をなくすために)
  • 2015年 - The Power of Adolescent Girl: Vision for 2030(思春期の女の子の力: 2030年へのビジョン)
  • 2016年 - Girls' Progress = Goals' Progress: What Counts for Girls[9](女の子の進歩=目標の進歩: 女の子にとって大切なこと)
  • 2017年 - EmPOWER Girls: Before, during and after crises(EmPOWER Girls: 危機の前、中、後)
  • 2018年 - With Her: A Skilled Girl Force(彼女と一緒に: 熟練した女の子の力)

2013年までに、世界各地で約2043件の「国際ガールズ・デー」関連イベントが開かれている[23]

世界各地のイベント[編集]

「国際ガールズ・デー」関連イベントは様々な国で企画されている。インドムンバイで行われたコンサートのように、国連が主催するものもあれば[24]ガールガイド・オーストラリア連盟英語版のようなガールスカウト団体のような非政府組織(NGO)によって企画、実施されるものもあり、様々な団体や機関、企業などの組織が国際ガールズ・デーのイベントや活動を支援、協賛している[25]。各国の組織が各国独自のイベントを展開しており、例えば、南アフリカ共和国の「ガールズ・アンド・フットボール」(Girls and Football)は、2012年の国際ガールズ・デーに合わせて、1956年に2万人の女性が行進した「Black Sash(英語版) を記念したTシャツを配布した[26]。2013年にはロンドンのサウス・バンクで終日イベントが開催され、ボディイメージ英語版メンタルヘルスの問題についてキャンペーンを行っている団体「ボディ・ゴシップ(英語版) がプロデュースした演劇や映画の公開が行われた[27]。2012年の第1回「国際ガールズ・デー」では、「Sage Girl」とiTwixieが主催したバーチャルイベントが行われ、何千人もの個人や組織がオンラインで集まった[28]

2016年、ロンドンで「Women of the World」(WOW、ウィメン・オブ・ザ・ワールド、世界の女性)フェスティバルが開催され、ロンドンの学校に通う250人の少女たちが女性のメンターとタッグを組んだ[29]。2016年には、アメリカ合衆国バラク・オバマ大統領が男女格差の解消を支持する宣言を発表した[30]

TwitterFacebookといったソーシャルメディアでは、「#DayOfTheGirl」や「#国際ガールズデー」、また「#BecauseiamaGirl」や「#女の子だから」というハッシュタグを通じて、この日のイベントやニュース、世界の女性の思いや考えなどが発信されている[31][32][33]。毎年、Twitterでは期間限定で前者2つのハッシュタグに絵文字も付記される[32][33]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gundan, Farai (2014年10月11日). “Global Women Leaders Celebrate And Reflect On The United Nations' International Day of the Girl Child”. Forbes. 2019年10月1日閲覧。
  2. ^ a b c Petter, Olivia (2018年10月11日). “International Day of the Girl Child: What is it and why do we need it?”. The Independent. 2019年10月1日閲覧。
  3. ^ “As Malala Recovers, U.N. Marks International Day of the Girl Child”. Los Angeles Times. (2012年10月11日). http://latimesblogs.latimes.com/world_now/2012/10/united-nations-malala-girls-education.html 2016年10月11日閲覧。 
  4. ^ “第1回「国際ガールズ・デー」記念イベントに370人:「女子に力を」とアピール” (プレスリリース), 国際連合広報センター, (2012年10月11日), https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/2094/ 2021年10月11日閲覧。 
  5. ^ a b 国際ガールズデー(10月11日)”. キーワード・用語解説. 公益財団法人 日本女性学習財団. 2021年10月11日閲覧。
  6. ^ Hendricks, Sarah; Bachan, Keshet (2015). “Because I Am a Girl: The Emergence of Girls in Development”. In Baksh, Rawwida. The Oxford Handbook of Transnational Feminist Movements. Oxford University Press. pp. 895. ISBN 9780199943494. https://books.google.com/books?id=uepcBgAAQBAJ&q=%22international%20day%20of%20the%20girl%22&pg=PA895 
  7. ^ “World Gears for First Ever 'International Day of the Girl Child'”. Al Arabiya. (2012年10月6日). オリジナルの2016年10月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161012074735/http://english.alarabiya.net/articles/2012/10/06/242172.html 2016年10月11日閲覧。 
  8. ^ Let Girls Learn”. U.S. Agency for International Development. 2014年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月11日閲覧。
  9. ^ a b Haynes, Suyin (2016年10月11日). “What to Know About the UN's International Day of the Girl”. Motto (TIME). http://motto.time.com/4526281/international-day-girl-2016/ 2016年10月11日閲覧。 
  10. ^ Ford, Liz (2016年10月11日). “How Are You Marking International Day of the Girl? Share Your Stories”. The Guardian. https://www.theguardian.com/global-development/2016/oct/11/how-are-you-marking-international-day-of-the-girl-share-your-stories-guardianwitness 2016年10月11日閲覧。 
  11. ^ a b 国際連合事務総長 潘基文 (2012年10月11日), “国際ガールズ・デー(10月11日)に寄せる事務総長メッセージ” (プレスリリース), 国際連合広報センター, https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/2094/ 2021年10月11日閲覧。 
  12. ^ Beck, Christina (2016年10月11日). “Emma Watson's Powerful Words on International Day of the Girl”. The Christian Science Monitor. http://www.csmonitor.com/World/2016/1011/Emma-Watson-s-powerful-words-on-International-Day-of-the-Girl 2016年10月11日閲覧。 
  13. ^ Picq, Manuela (2012年10月11日). “A Much Needed International Day of the Girl”. Al Jazeera. http://www.aljazeera.com/indepth/opinion/2012/10/20121010614437332.html 2016年10月11日閲覧。 
  14. ^ Krache, Donna (2012年10月11日). “Education a Focus on International Day of the Girl Child”. CNN. http://schoolsofthought.blogs.cnn.com/2012/10/11/education-a-focus-on-international-day-of-the-girl-child/ 2016年10月11日閲覧。 
  15. ^ Crittenden, Camille (2012年10月8日). “International Day of the Girl: Why Science & Math Programs Matter”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/camille-crittenden/science-math-programs-matter_b_1944249.html 2016年10月11日閲覧。 
  16. ^ “Challenge Accepted! Canadian leaders to give up their seats to acknowledge that 'Girls Belong Here' on International Day of the Girl”. Canada Newswire. (2016年9月28日). http://search.ebscohost.com/login.aspx?direct=true&db=bwh&AN=201609280700CANADANWCANADAPR.C2019&site=ehost-live 2016年10月11日閲覧。 
  17. ^ Ma, Katy (2013年10月10日). “What Is the International Day of the Girl Child?”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/katy-ma-/international-day-of-the-girl_b_4080548.html 2016年10月11日閲覧。 
  18. ^ Ambrose, Rona and Rosemary McCarney (2011年12月29日). “International Day of the Girl Child: girls' rights are human rights”. Edmonton Journal. http://blogs.edmontonjournal.com/2011/12/29/international-day-of-the-girl-child-a-canadian-accomplishment/ 2012年9月26日閲覧。 
  19. ^ Resolution Adopted by the General Assembly: 66/170 International Day of the Girl Child”. United Nations. 2012年9月26日閲覧。
  20. ^ WHO | Ending child marriage”. Who.int (2012年10月11日). 2014年8月21日閲覧。
  21. ^ International Day of the Girl Child, WHO
  22. ^ Day of the Girl Child - Gender equality - UNICEF”. UNICEF (2014年10月17日). 2014年12月2日閲覧。
  23. ^ Higgins, Chris (2013年10月11日). “6 Reasons Today is International Day of the Girl”. Mental Floss. http://mentalfloss.com/article/53110/6-reasons-today-international-day-girl 2016年10月11日閲覧。 
  24. ^ Bhandary, Shreya (2012年9月25日). “'Because I am a Girl Rock Concert' to celebrate first ever 'International Day of the Girl Child'”. Times of India. http://m.timesofindia.com/city/mumbai/Because-I-am-a-Girl-Rock-Concert-to-celebrate-first-ever-International-Day-of-the-Girl-bbbbnxjsjsjaChild/articleshow/16548066.cms 2012年9月26日閲覧。 
  25. ^ International Day of the Girl Child”. Girl Guides Australia. 2012年9月26日閲覧。
  26. ^ South Africa: Women, Football and Song”. All Africa (orig. in Daily Maverick) (2012年9月14日). 2012年9月26日閲覧。
  27. ^ Martinson, Jane (2013年10月11日). “Body Gossip puts spotlight on models and body image”. The Guardian. 2016年5月12日閲覧。
  28. ^ Bent, Emily (2015). “Girls' Human Rights and Virtual Empowerment”. In Smallwood, Carol. Women, Work, and the Web: How the Web Creates Entrepreneurial Opportunities. Rowman & Littlefield. pp. 17. ISBN 9781442244276. https://books.google.com/books?id=BynVBQAAQBAJ&q=%22international%20day%20of%20the%20girl%22&pg=PA17 
  29. ^ Proudfoot, Jenny (2016年10月11日). “Women of the World Celebrate the UN International Day of the Girl”. Marie Claire. http://www.marieclaire.co.uk/news/international-day-of-the-girl-406676-406676 2016年10月11日閲覧。 
  30. ^ Presidential Proclamation -- International Day of the Girl, 2016”. whitehouse.gov (2016年10月7日). 2016年10月11日閲覧。
  31. ^ Allen, Lasara Firefox (2016). Jailbreaking the Goddess: A Radical Revisioning of Feminist Spirituality. Llewellyn Publications. ISBN 9780738748900. https://books.google.com/books?id=CXdTDAAAQBAJ&q=%22international%20day%20of%20the%20girl%22&pg=PT78 
  32. ^ a b 国際ガールズ・デー 2020 THINK FOR GIRLS~コロナ禍の女の子たちのために私たちができること”. 国際NGOプラン・インターナショナル. 公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン (2020年10月11日). 2021年10月11日閲覧。
  33. ^ a b 国際ガールズ・デー 2021 THINK FOR GIRLS~女の子たちが再び夢を描ける世界へ”. 国際NGOプラン・インターナショナル. 公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン (2020年10月11日). 2021年10月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]