国鉄ED95形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国鉄ED95形電気機関車(こくてつED95かたでんききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)で計画されていた電機子チョッパ制御直流電気機関車であったが、未成車両として終わった。

本項では同じく未成車両として終わり、量産機として製造予定だったED63形電気機関車についても記述する。

計画の背景[編集]

ED95形(量産機ED63形)が計画されたのは1980年頃であった。当時、老朽化していたEF58形EF15形の置き換え用に、電機子チョッパ制御の電気機関車開発が考えられていた。

主な構造[編集]

ED75形EF65形を上回る速度性能を持ち、1,200tの貨物列車や550tの客車列車を牽引を可能としていた。この他、機関車全体の軽量化を目指して無塗装のオールステンレス車体とする計画であった。

計画中止[編集]

こうして1982年には設計図が完成し、まず試作車であるED95形が製造されることになり、製造命令が下るはずだった。ところが、国鉄財政再建で新車開発を停止する方針となったことや、昭和57年11月のダイヤ改正による機関車牽引列車の削減などで機関車に余剰が発生するようになったため、余剰車による転配で需要対応の目処が立ったことから、本形式の製造決定が下されることはなかった。本形式については、同じく製造中止になった個室ひかりと同様に製造中止後も数々の情報が紹介されており、日の目を見ることのなかった悲運の形式として、鉄道ファンに知られている。

国鉄の電機子チョッパ制御の電気機関車は、瀬野八補機専用のEF67形が、同年に既存機からの改造により実現している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

1982年11月15日国鉄ダイヤ改正