国鉄DF90形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

DF90形は、かつて日本国有鉄道(国鉄)で試用された電気式ディーゼル機関車である。

概要[編集]

国鉄がディーゼル機関車の開発を模索していたころ、国内の車両メーカーは国鉄および海外への売り込みをはかるべく、独自の機関車を設計・試作した。これらの機関車は、合計9形式が国鉄に借り入れられ、40代、のちに90代の形式を与えられて試用され、一部の形式は国鉄が正式に購入した。

それらの試作機関車のうち、日立製作所1956年(昭和31年)に本線の旅客・貨物列車兼用として製造したのが、本形式[注 1]である。翌1957年6月にDF90 1として国鉄が借入れ、常磐線の旅客列車に使用された。1961年(昭和36年)には国鉄が購入している。

構造[編集]

エンジンは西ドイツ(当時)のMAN社[注 2][1] V8V22/30形(V形16気筒 1,680PS/900rpm)である。エンジンを車体中央に、冷却装置はその前後に各1組を配置した。

動力伝達方式は電気式を採用した。主発電機は1,100kW/900rpm、全車軸に165kW/500rpmの主電動機を装備し、吊掛式で駆動する。

台車は3軸台車を2組装備し、軸配置はC-Cである。動輪直径は1000mm。なお客車への暖房供給装置は搭載されておらず、冬季は暖房車を連結していた。

車体は箱形で非貫通。前面は国鉄EF58形電気機関車と同系統の意匠だが、車体長の関係から前面を細く絞る必要が無かったため、若干線が太い感じである。落成時は赤を基調にクリーム色を配した塗色であったが、すぐに当時の標準色である茶色(ぶどう色)1色とされた。

メーカーの諸元では運転整備重量90トン(空車重量84.38トン)とされているが、実際には94トンを超えていたといわれている。

1958年昭和33年)、A.R.C.(アジア鉄道首脳者懇親会)の鉄道展にあわせ、落成時の塗色(前照灯周辺など細部に相違があった)に変更され、その後暫くそのままの姿で運用に就いた。1961年(昭和36年) 12月に国鉄が購入したが、その際にラジエタの一部撤去、空気圧縮機を2台から1台に削減等の改造を行い、燃料・冷却水の積載量制限を行って運転整備重量92トンに収めた。塗色も再び茶色1色に戻されたあと、秋田への転属時に国鉄標準色ともいうべきグレー(上半分)と朱色(下半分)に塗られた。

運用[編集]

1957年6月に国鉄が借入れて水戸機関区に配置。1964年(昭和39年)8月まで、常磐線の旅客列車に使用された。秋田機関区に転属[注 3]となってからは、秋田地区で使用するには軸重が重すぎる事、また1形式1輌のため保守面でデメリットがあった事から、僅かに入換などで1966年(昭和41年)ころまで使用された後、休車となった。1971年(昭和46年)2月10日廃車され、しばらく東能代機関区に留置されていた。その後解体処分され、現存しない。

主要諸元[編集]

  • 全長:16,330 mm [2]
  • 全幅:2,945 mm
  • 全高:4,000 mm
  • 運転整備重量:94.5 t
  • 軸配置:C-C
  • 機関:MAN V8V22/30 A.m.A.形ディーゼル機関1基
    • 出力:1,680PS/ 900rpm(連続定格)1,900PS/ 960rpm(1時間定格)
  • 動力伝達方式:電気式
  • 最大運転速度:100km/h
  • 主発電機型式:EFC10-SP
    • 連続定格出力/電圧/電流/回転数:1,100kW/ 500V/ 2,200A/ 900rpm
  • 主電動機:HS-274-Ar-17
    • 連続定格出力/端子電圧/電流/回転数:165kW/ 500V/ 367A/ 740rpm(68%界磁)
    • 駆動方式:1段歯車減速 釣掛式
    • 歯車比:17:76
  • 連続定格引張力/速度:11,820kg/ 29.9km/h
  • 制御方式:電磁、電磁空気式および電動機操作式間接制御、非重連
  • ブレーキ装置:EL14AS空気ブレーキ、手ブレーキ
  • 台車:3軸ボギー、鋳鋼台枠、固定枕梁式

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ メーカーの文献や取扱説明書には、本形式に「DF50」という形式を付与した写真や図が残されている。
  2. ^ 本機開発時点はライセンス生産は開始前のため、MAN社からの輸入品が使用された。
  3. ^ 秋田機関区への転属理由は1959年 (昭和34年)からMAN社製エンジンを搭載したDF50形が配置されていた事とされている。DF50形は1970年 (昭和45年) までに他区へ転属。

出典[編集]

  1. ^ 日立評論 Vol. 39-6
  2. ^ 日立評論 Vol. 39-6

参考文献[編集]