国鉄C60形蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
C60形蒸気機関車
仙台市で保存されているC60 1(2018年撮影)
仙台市で保存されているC60 1(2018年撮影)
基本情報
運用者 日本国有鉄道
種車 C59形
改造所 国鉄浜松工場郡山工場
改造年 1953年 - 1961年
改造数 47両
引退 1971年
投入先 九州、東北
主要諸元
軸配置 2C2 (4-6-4、ハドソン)
軌間 1,067 mm
全長 21,360 mm(戦前型)
21,575 mm(戦後型)
全高 3,980 mm
機関車重量 82.90 t(戦前型)
81.59 t(戦後型)
動輪上重量 44.76 t(戦前型)
44.11 t(戦後型)
総重量 139.82 t(戦前型)
136.47 t(戦後型)
動輪径 1,750 mm
軸重 15.00 t(戦前型・第2動輪上)
14.80 t(戦後型・第2動輪上)
シリンダ数 単式2気筒
シリンダ
(直径×行程)
520 mm × 660 mm
弁装置 ワルシャート式
ボイラー圧力 16.0 kg/cm2
大煙管
(直径×長さ×数)
140 mm×6,000 mm×28本(戦前型)
140 mm×5,500 mm×33本(戦後型)
小煙管
(直径×長さ×数)
57 mm×6,000 mm×90本(戦前型)
57 mm×5,500 mm×52本(戦後型)
火格子面積 3.27 m2
全伝熱面積 241.3 m2(戦前型)
217.7 m2(戦後型)
過熱伝熱面積 71.1 m2(戦前型)
80.9 m2(戦後型)
煙管蒸発伝熱面積 155.8 m2(戦前型)
120.5 m2(戦後型)
火室蒸発伝熱面積 12.7 m2(戦前型)
14.6 m2(戦後型)
燃料 石炭
燃料搭載量 10.0 t
水タンク容量 25.0 m3
制動装置 自動空気ブレーキ
テンプレートを表示

C60形は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍したテンダー式蒸気機関車である。C59形の改造により製作された。

登場の背景と構造[編集]

山陽本線東海道本線などの幹線電化に伴い、C59形は他の路線に転じることになった。しかしC59形は特甲線用のため軸重が大きすぎて、他の路線には入ることができなかったため、従台車を1軸から2軸に変更して軸重を軽減し、これをC60形とした。

従台車が2軸になったので軸配置パシフィック(2C1=先輪2軸、動輪3軸、従輪1軸)からハドソン(2C2=先輪2軸、動輪3軸、従輪2軸)に変わっている。これによって若干牽引力が落ちているほかは性能的にC59形とほぼ同等である。

1953年 - 1955年1960年1961年に国鉄浜松工場郡山工場で47両が改造された。C59の戦前型 (C59 1 - 100) を改造した39両には1 - 39の番号が、戦後型(C59 101以降)を改造した8両にはC60 101 - 108の番号が与えられている。

本形式はさらなる増備を予定していたが、動力近代化計画の進行状況やC60形そのものの評判が必ずしも良くなかった(自動給炭装置がない、ボイラー修繕の手間がかかるなど)ため、以後の増備はなかった。

このほか、本形式には当初炭水車上に容量2000リットルの重油タンクを搭載して重油併燃を行なう計画があり、C59戦前型の改造車にはタンクの位置を記した形式図も存在するが、実際に装備されることはなかった。

運用[編集]

東北本線常磐線奥羽本線秋田以北)・鹿児島本線(主に鳥栖以南)・長崎本線など、輸送量が比較的大きな反面、電化が遅れている線区で普通列車から特急列車、さらには荷物列車までの運用をこなしていた。特に、東北本線の盛岡以北の区間などでは、C61形D51形とともに、重連、または三重連などで、旅客列車、ならびに、貨物列車を牽引した。

また、青森機関区には、1960年(昭和35年)10月のダイヤ改正時に、初めて本形式が配置されたが、奥羽本線では、1960年代の前半までは、青森機関区に配置された一部のC61との共通運用で、急行日本海」などの秋田 - 青森間の牽引を担当し、その後も、1968年(昭和43年)10月のダイヤ改正前までは、C61との共通運用で、秋田以北の区間にて普通列車や荷物列車を牽引した。

九州では、長崎本線において、寝台特急さくら」、「あかつき」の牽引を行なった。また、鹿児島本線(鳥栖以南)では、特急列車の牽引には充当されなかったものの、急行列車などの牽引を行なった。

東北地方で使用されていたグループは、1968年の東北本線全線複線電化完成により退役し、保存用として仙台市に移管されたC60 1と鹿児島本線に転用された数両以外は解体された。

また、九州で使用されていたグループも、1970年(昭和45年)の鹿児島本線全線電化で退役し、1971年(昭和46年)までに全廃された。

新旧番号照合表[編集]

新番号 旧番号 改造所 改造年
C60 1 - 4 C59 27, 62, 59, 41 浜松工場 1953年
C60 5 - 16 C59 54, 21, 49, 61, 46, 23, 58, 34, 65, 69, 4, 50 浜松工場 1954年
C60 17 C59 86 浜松工場 1955年
C60 18 - 22 C59 78, 100, 16, 70, 48 郡山工場 1960年
C60 23 - 33 C59 17, 38, 76, 40, 47, 10, 91, 18, 60, 81, 68 浜松工場 1960年
C60 34 - 39 C59 26, 13, 39, 5, 89, 98 浜松工場 1961年
C60 101 - 105 C59 130, 178, 128, 168, 101 浜松工場 1960年
C60 106 - 108 C59 113, 165, 173 浜松工場 1961年

保存機[編集]

1968年に引退したC60 1は国鉄から仙台市に移管され、翌年から青葉区西公園静態保存されている。当初から野晒しのため塗装の劣化が進み、ナンバープレートなど部品の盗難被害もあったが、市民から補修を望む声が多く寄せられたため、2007年平成19年)に始まった西公園の再整備事業に合わせて、2014年(平成26年)から東日本鉄道OB会の支援を受け車体外観の塗装と運転台内部の改修を行い、上部に屋根を設置する工事を開始、2016年(平成28年)完成した[1][2]。2018年10月13日-翌14日には特急「はつかり」の60周年を記念したヘッドマークを取り付けたイベントを仙台市内の蒸気機関車保存会メンバーが企画・実施した[3]

本機はC59 27からの改造機であり、煙室前面エプロンの形状や台枠付き直線箱形10-25形炭水車を備えるなど、戦前形C59形の特徴を有する。

現存し、形状を留めるC60形はこのC60 1が唯一で、他はすべて廃車後、解体処分された。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]