国鉄3170形蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本鉄道 825(後の鉄道院 3170)

3170形は、かつて日本国有鉄道およびその前身である鉄道院・鉄道省に在籍したタンク式蒸気機関車である。

概要[編集]

元は、日本鉄道1903年(明治36年)にドイツハノーファー機械製作所から6両(製造番号3046 - 3051)を輸入した、車軸配置2-6-2(1C1)、単式2気筒の飽和式タンク機関車で、H3/5形(825 - 830)と称された。

この機関車は、他の鉄道でドイツ製機関車が良好な成績を収めていたことから、日本鉄道でもドイツ製機関車導入の機運が高まり、ヘンシェル社製で複式2気筒のHS3/5形(後の鉄道院3240形)とともに製造されたものである。しかし、全てをドイツ製に置き換えるのには抵抗があり、同年発注された32両のうち24両は、イギリスベイヤー・ピーコック社に発注された(後の鉄道院3200形)。また、発注の際に当初は一般競争入札で行ったものを取消し、仕様を共通にして再度指名競争入札で入札施行したため、その経緯の不透明さが当時のジャーナリズムを賑わすというエピソードもあった。

形態的には官設鉄道のB6クラス先輪を追加し、火格子面積を拡大したもので、火室はベルペヤ式であった。先台車はビッセル式である。また、弁装置には当時最先端であったワルシャート式を採用している。導入当時、日本最大のタンク機関車であった。

国有化後の1909年(明治42年)に制定された鉄道院の車両称号規程では、3170形3170 - 3175)に改番された。

当初は、宇都宮、小山、田端、福島、盛岡に分散配置されたが、国有化後は小山、宇都宮に集まり、一部は大宮工場(一部は岡本支工場)の入換用とされた。廃車は、3171, 3172が1949年(昭和24年)、3173, 3175が1950年(昭和25年)、3170, 3174が1951年(昭和26年)であった。このうち3170は高崎板紙に譲渡されたが、使用されることなく廃棄された。

主要諸元[編集]

形式図
  • 全長:11,655mm
  • 全高:3,810mm
  • 全幅:2,642mm
  • 軌間:1,067mm
  • 車軸配置:2-6-2(1C1)
  • 動輪直径:1,245mm
  • 弁装置:ワルシャート式
  • シリンダー(直径×行程):406mm×610mm
  • ボイラー圧力:12.7kg/cm2
  • 火格子面積:1.91m2
  • 全伝熱面積:86.2m2
    • 煙管蒸発伝熱面積:79.2m2
    • 火室蒸発伝熱面積:7.0m2
  • ボイラー水容量:3.1m3
  • 小煙管(直径×長サ×数):48mm×,353mm×158本
  • 機関車運転整備重量:55.69t
  • 機関車空車重量:43.23t
  • 機関車動輪上重量(運転整備時):42.11t
  • 機関車動輪軸重(第2動輪上):14.18t
  • 水タンク容量:7.28m3
  • 燃料積載量:1.78t
  • 機関車性能
    • シリンダ引張力(0.85P):8,720kg
  • ブレーキ装置:手ブレーキ真空ブレーキ

参考文献[編集]

  • 臼井茂信「国鉄蒸気機関車小史」1956年、鉄道図書刊行会
  • 臼井茂信「日本蒸気機関車形式図集成」1969年、誠文堂新光社
  • 臼井茂信「機関車の系譜図 1」1972年、交友社
  • 金田茂裕「形式別 日本の蒸気機関車I」エリエイ出版部 プレス・アイゼンバーン刊
  • 金田茂裕「日本蒸気機関車史 私設鉄道編 I」エリエイ出版部 プレス・アイゼンバーン刊
  • 沖田祐作「機関車表 国鉄編 I」レイルマガジン 2008年9月号 (No.300)付録