国鉄150形蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄150形蒸気機関車
1号機関車(改装後)
1号機関車(改装後)
基本情報
運用者 日本国鉄(工部省鉄道院
島原鉄道
製造所 バルカン・ファウンドリー
製造番号 614
製造年 1871年
製造数 1両
運用開始 1872年
引退 1930年
主要諸元
軸配置 2-4-0 (1B)
軌間 1,067 mm
全長 7,417 mm
全高 3,569 mm
運転整備重量 23.45 t
動輪上重量 17.58 t (運転整備時)
固定軸距 2,134 mm
動輪径 1,321 mm
軸重 9.09 t (第1動輪上)
シリンダ数 単式2気筒
シリンダ
(直径×行程)
305 mm × 457 mm
弁装置 スチーブンソン式基本型
ボイラー圧力 9.84 kg/cm2
火格子面積 0.81 m2
全伝熱面積 52.2 m2
燃料搭載量 0.51 t
水タンク容量 2.05 m3
制動装置 手ブレーキ反圧ブレーキ
シリンダ引張力 2,690 kg (0.85P)
備考 改装後の(1909年形式図による)諸元を示す。
テンプレートを表示
1号機関車(原形)

150形は、かつて日本国有鉄道の前身である鉄道院に所属した蒸気機関車である。

1872年(明治5年)、日本最初の鉄道開業に際してイギリスから輸入された蒸気機関車5形式10両中の1形式で、1両のみが輸入された。1号機関車と呼ばれている。1871年(明治4年)、バルカン・ファウンドリー社 (Vulcan Foundry Co., Ltd.) 製(製造番号614)である。国の重要文化財に指定されている。

構造[編集]

動輪直径は1,295mm (4フィート3インチ) 、車軸配置は2-4-0 (1B) で2気筒単式の飽和式タンク式蒸気機関車である。

弁装置は当時多かったスチーブンソン式、安全弁はサルター式となっている。

長年にわたる使用期間中、随所に改造が加えられており、製造時の形態からは相当な変化が生じている。当初かなりオープンな構造だった運転台には外覆が整備され、ボイラー位置も209mm (8 1/4in) 高くされた。運転台直前にあった蒸気ドームはボイラー中央部に移設され、元のドーム位置には汽笛が設けられている。この改造は、1884年(明治17年)7月から翌年6月にかけ、神戸工場で実施されている。後述の神戸地区への転用は、この改造を見越してのものであったと思われる。

運転・経歴[編集]

同時に発注された10両のうち、最も早く日本に到着した本機は1と付番され、1872年10月14日(新暦)の新橋 - 横浜間鉄道開業後は、客貨問わずに使用された。しかし、使用成績は思わしくなく、現場ではその改善に腐心したようである。1872年8月から1885年6月までの走行距離は104,641で、2 - 9(のちの160形190形など)の半分弱、最も使用成績の良くなかったとされる10(のちの110形)の2倍程度であったという。

京浜間で約8年使用された後、1880年(明治13年)11月には東海道線神戸地区へ転用された。1885年には前述の大改造後、半田に送られ、中山道幹線の建設資材輸送用に使用された。1905年(明治38年)には、大阪地区で入換専用になっているのが確認されている。

本機の番号は、1909年(明治42年)の鉄道作業局の終わりまでは一貫して「1」であり、1894年の分類ではE形1898年の鉄道作業局の分類ではA1形となった。1906年(明治39年)の鉄道国有法施行を受けて1909年に実施された鉄道院の車両称号規程では、150形 (150) と定められた。

本機は、1911年(明治44年)4月1日付けで島原鉄道の開業用に譲渡され、同社の1となって客貨牽引に用いられた。同社では、正面の煙室戸にアメリカ製機関車のようなクランプ金具(クリート)が取付けられ、蒸気ドーム覆いは、円筒形の不細工なものに交換された。ドームと汽笛の間には同じく鉄道院から払い下げを受けた元九州鉄道クラウス製蒸気機関車から流用されたと思われるドイツ風の砂箱が設置され、オリジナルでは側水槽の前方と踏段の裏側にあった角形の砂箱は撤去されている。

昭和の初めごろ、元鉄道記者の青木槐三が貴重な1号機関車として当時の鉄道省への返還・保存のための運動を始めた。その甲斐あって、1930年(昭和5年)、600形656号機との交換で鉄道省に戻ることになった。島原鉄道ではまだ十分に活用できると考えていたために、このような交換となったのである。同年7月3日、本機は諫早駅で盛大な惜別式を行ない、『送国宝一号機関車』と書かれたを飾って鉄道省に引き渡された。その際、創業者で時の社長・植木元太郎は、創業期に功績のあった機関車への感謝の念を込め『惜別感無量』と記した自筆のプレートをあつらえて、側水槽に装着させた。このプレートは現在でも本機に装着されている。

保存[編集]

150形蒸気機関車(交通博物館)

国鉄返還後大宮工場で整備され、工場内にあった「鉄道参考品陳列所」で仮展示されていたが、1936年(昭和11年)に東京万世橋交通博物館に移され、同館で静態保存された。一時期、5000形から取り外した蒸気ドーム覆いをつけていたこともあったが、現在は外されている。また、島原鉄道時代に取付けられた砂箱なども、取り外され原型に復している。塗色についても収蔵当初は黒色であったが、1971年(昭和46年)からは鉄道創業期を想定した緑地に黄色のライニングを施した塗色[1]となり、1984年 (昭和59年) になって再び黒色とされている。交通博物館閉館後は、2007年(平成19年)10月14日、さいたま市大宮区に開館した鉄道博物館に展示されている。現在の塗装については「明治30年頃の姿を再現した」と説明板に記載がある。

本機は1958年(昭和33年)に第1回の鉄道記念物に指定され、1997年(平成9年)4月18日に国の重要文化財(歴史資料)に指定されている(重要文化財指定名称は「一号機関車」)。

また、絵本『きかんしゃ やえもん』(阿川弘之文・岡部冬彦画)は、この機関車をモチーフにした物語である(火の粉による火災に業を煮やした沿線住民が蒸機の廃止と気動機化を要求、スクラップにされるため工場へ向けて電気機関車に牽引されていた「やえもん」が交通博物館学芸員の目に留まり保存へ、というシンデレラ・ストーリー型の話)。

脚注[編集]

  1. ^ 当時進行していた古典車両整備の一環として、交通博物館が調査依頼したイギリス国鉄の回答資料による。資料ではライニングは金箔とあったが、予算の都合により黄色の塗料で代用された。車番の「1」の切り抜き文字や煙室戸のハンドルはこの時に取付けられた。

参考文献[編集]

  • 臼井茂信『日本蒸気機関車形式図集成』(1969年、誠文堂新光社
  • 臼井茂信『機関車の系譜図 1』(1972年、交友社
  • 金田茂裕『形式別 国鉄の蒸気機関車Ⅰ』(1984年、機関車史研究会)
  • 金田茂裕『正背面図入 蒸気機関車形式図集Ⅰ』(1988年、機関車史研究会)
  • 金田茂裕『日本最初の機関車群』(1990年、機関車史研究会)
  • 金田茂裕『日本蒸気機関車史 官設鉄道編』(1972年、交友社)
  • 川上幸義『私の蒸気機関車史 上』(1978年、交友社)
  • 高田隆雄 監修『万有ガイドシリーズ12 蒸気機関車 日本編』(1981年、小学館
  • 田栗優一「1号機関車と島原鉄道」
交友社『鉄道ファン』2002年1月号 No.489 P.98 - P.105
  • 田邊幸夫「車両とともに30年 - 大井工場OBの思い出ばなし・40」
鉄道ジャーナル 1982年12月号 No.190

外部リンク[編集]