国鉄チサ1600形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄チ500形貨車から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄チサ1600形貨車
基本情報
車種 長物車
運用者 運輸省
日本国有鉄道
所有者 日本国有鉄道
種車 トキ900形
改造所 大宮工場大井工場松任工場吹田工場幡生工場名古屋工場鷹取工場高砂工場
改造年 1946年(昭和21年) - 1948年(昭和23年)
改造数 400両
消滅 1983年(昭和58年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 9,550 mm
全幅 2,590 mm
全高 2,675 mm
荷重 20 t
自重 9.1 t
換算両数 積車 2.2
換算両数 空車 0.8
走り装置 一段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 2,750 mm + 2,750 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

国鉄チサ1600形貨車(こくてつチサ1600がたかしゃ)は、1946年(昭和21年)からトキ900形から改造製作された、日本国有鉄道の20t積貨車長物車)である。

本項では、同じくトキ900形から改造製作された10t積の長物車であるチ500形についても記述する。

チサ1600形[編集]

駐留軍が自動車を大量に日本へ持ち込んだことを受け、自動車を輸送するために長物車が必要となり[1]、当時、戦後の輸送体系の変化で余剰となっていた戦時設計車トキ900形から改造製作された車両である。

1946年(昭和21年)4月から1948年(昭和23年)にかけて400両が大宮大井松任吹田幡生名古屋鷹取高砂の各工場で改造製作された。番号は以下のとおりである。

  • チサ1600 - チサ2203(欠番あり)

改造に際しては妻板とあおり戸を撤去し、床板は9本の荷摺木を持つ新製したものに交換し、側面には8本の柵柱を新設した。なお、台枠・走行装置・ブレーキといった下回りは種車からそのまま流用している。このためチサ1600形は種車同様三軸貨車であった。長物車にて本形式の他に三軸貨車の形式には、チ500形(361両)、チム1形(6両)、チサ100形(500両)、チサ800形(25両)、チサ1000形(300両)、チサ1300形(25両)の6形式があった。

1968年(昭和43年)10月1日ダイヤ改正(ヨンサントオ)において同時点での在籍車16両は北海道内の限定運用車に指定され、車体側面に黄1号の帯と「道外禁止」の標記が追加され、チサ100形と混用された。

改造から数年で廃車となる車両も現れ、1971年(昭和46年)度末時点では3両にまで減少したが、1983年(昭和58年)に形式消滅した[2]

譲渡[編集]

1961年(昭和36年)5月29日、3両(チサ1724、チサ1605、チサ1722)が北海道拓殖鉄道に譲渡され、チサ1形(チサ1 - チサ3)となった。

チ500形[編集]

チ500形は、チサ1600形と同じくトキ900形を改造した10t積みの長物車である。こちらは遊車運用を主目的として製作された車両で、1952年(昭和27年)4月から1956年(昭和31年)11月にかけて国鉄各工場で361両が製作された。番号は以下のとおりである。

  • チ500 - チ850、チ866 - チ875

なお、チ851 - チ865は欠番である。

改造に際しては妻板とあおり戸を撤去し、下回りはそのまま流用した。遊車運用が主目的であるため、荷摺木や柵柱はなく、床面はフラットである。

1968年(昭和43年)10月1日ダイヤ改正(ヨンサントオ)において同時点での在籍車49両は構内専用車及び北海道内の限定運用車に指定され、車体側面に黄1号の帯が追加され、北海道内の限定運用車については「道外禁止」の標記も追加された。

末期は事業用車として使用される車両もあり、1987年(昭和62年)に形式消滅した。

脚注[編集]

  1. ^ 当時の車運車は、馬車輸送用の有蓋車であったため、長物車で輸送することも少なくなかった。
  2. ^ 車籍こそあったが、車両自体はそれ以前に消滅していた。

参考文献[編集]

  • 吉岡心平『3軸貨車の誕生と終焉(戦後編)』(ネコパブリッシング、2000年、ISBN 4-87366-198-6)。
  • 貨車技術発達史編纂委員会 編「日本の貨車―技術発達史―」2008年、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊

関連項目[編集]