国際連合安全保障理事会常任理事国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国連安全保障理事会の議場(2006年12月17日)
国連安全保障理事会の議場(2006年12月17日)
2000年9月8日に開催されたサミットでの安保理常任理事国首脳。なお左下から反時計回りで以下の順となる。 中国国家主席の江沢民 フランス大統領のジャック・シラク ロシア大統領のウラジーミル・プーチン イギリス首相のトニー・ブレア アメリカ大統領のビル・クリントン
2000年9月8日に開催されたサミットでの安保理常任理事国首脳。なお左下から反時計回りで以下の順となる。
中国国家主席江沢民
フランス大統領ジャック・シラク
ロシア大統領ウラジーミル・プーチン
イギリス首相トニー・ブレア
アメリカ大統領ビル・クリントン
国連安保理常任理事国
国連安保理常任理事国

国際連合安全保障理事会常任理事国(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいじょうにんりじこく、英語: Permanent members of the United Nations Security Council、略称:常任理事国、じょうにんりじこく)は、国連安全保障理事会を構成し、恒久的な地位を持つ理事国である[1]。1945年10月に国際連合が発足し、それ以来一貫して後述の5ヶ国が務めている。

その他の言語[編集]

  • 英語: Permanent members of the United Nations Security Council
  • フランス語: Membres permanents du Conseil de sécurité des Nations Unies
  • ロシア語: Постоянные члены Совета Безопасности ООН
  • 中国語: 联合国安理会常任理事国
  • スペイン語: Miembros permanentes del Consejo de Seguridad de las Naciones Unidas
  • アラビア語: عضو دائم في مجلس الأمن التابع للأمم المتحدة

安保理常任理事国[編集]

1945年9月2日に終結した第二次世界大戦戦勝国に基づき、アメリカフランスイギリス中華人民共和国(1971年10月25日以前は中華民国)・ロシア(1991年12月25日以前はソ連)の5ヶ国は安保理常任理事国である[2]。ただし、常任理事国の国名が明記されている国連憲章第5章第23条そのものは2022年現在も改正されていない[3]

現在の代表者(国際連合大使) 現在の代表国 以前の代表国 国家元首 政府の長
アメリカ合衆国の旗 アメリカ リンダ・トマス=グリーンフィールド アメリカ合衆国の旗 アメリカ
(1945年10月24日 – )
無し ジョー・バイデン大統領
フランスの旗 フランス ニコラス・デ・リヴィエールフランス語版英語版 フランスの旗 フランス
(1945年10月24日 – )
無し エマニュエル・マクロン大統領 エリザベット・ボルヌ首相
イギリスの旗 イギリス バーバラ・ウッドワード英語版 イギリスの旗 イギリス
(1945年10月24日 – )
無し チャールズ3世国王 リズ・トラス首相
中華人民共和国の旗 中国 張軍中国語版英語版 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
(1971年10月25日 – )
中華民国の旗 中華民国
(1945年10月24日 – 1971年10月25日)
習近平国家主席中国共産党総書記[注釈 1] 李克強首相
ロシアの旗 ロシア ワシーリー・ネベンジャロシア語版英語版 ロシアの旗 ロシア
(1991年12月25日 – )
ソビエト連邦の旗 ソ連
(1945年10月24日 – 1991年12月25日)
ウラジーミル・プーチン大統領 ミハイル・ミシュスティン首相

現在の首脳[編集]

拒否権[編集]

国連憲章第27条により、安保理常任理事国は手続き事項を除く全ての事項に関する安保理議案への拒否権を持つ。安保理常任理事国のうち1ヶ国でも反対すれば、議案は成立しない[4]。また同108条により、安保理常任理事国は国連憲章の改正に対しても拒否権を持つ[5]

安保理常任理事国の拡大案[編集]

安保理の運営に伴う問題についての改革で、具体的には理事国の増加について様々な案が出されている。

G4 諸国

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 中国共産党中国を指導していくことが謳われているため、総書記は党と国家の最高指導者とされる

出典[編集]

  1. ^ 常任理事国
  2. ^ 国際連合広報センター
  3. ^ 高橋洋一 (2022年3月18日). “国連安保理、常任理事国からロシアを外すだけでは不十分…改革に限界も G7中心の〝世界平和〟体制を”. https://www.zakzak.co.jp/article/20220318-4DMC4RCJFJLILJULEZ54HHQLNQ/ 2022年7月14日閲覧。 
  4. ^ 国連安保理
  5. ^ 国際連合憲章第18章 国連ホームページより

関連項目[編集]