国費外国人留学生制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国費外国人留学生制度(こくひがいこくじんりゅうがくせいせいど)は、日本と世界各国相互の教育水準を向上させるとともに、相互理解、国際協力の推進に貢献することを目的に、1954年に創設された。日本での学費・生活費・渡日旅費・帰国旅費を奨学金と捉え、日本政府国費留学生に対して給与として支給している。 文部科学省が所管し、留学生の募集・選考については在外公館が協力している。 これまでに当制度を利用して約160ヶ国・地域の留学生日本で学んだ。平成23年度現在の国費留学生数は、9,396人である[1]

国費留学生の種類[編集]

国費外国人留学生プログラムには、以下の7種類がある。[2]

  • 研究留学生
  • 教員研修留学生
  • 学部留学生
  • 日本語・日本文化研修留学生
  • 高等専門学校留学生
  • 専修学校留学生
  • ヤング・リーダーズ・プログラム (YLP) 留学生。全国で一律月額242000円(平成28年度)の国費外国人留学生給与が支給される[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]