コンテンツにスキップ

国見温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国見温泉
独特なエメラルドグリーン色の温泉地図
温泉情報
所在地 岩手県岩手郡雫石町
座標 北緯39度43分39秒 東経140度47分34秒 / 北緯39.727472度 東経140.792747度 / 39.727472; 140.792747 (国見温泉)座標: 北緯39度43分39秒 東経140度47分34秒 / 北緯39.727472度 東経140.792747度 / 39.727472; 140.792747 (国見温泉)
交通 鉄道:JR東日本秋田新幹線雫石駅よりタクシーで約20分
車 : 東北自動車道盛岡ICより国道46号岩手県道266号国見温泉線経由で約50分
泉質 含硫黄炭酸水素塩泉
特記事項 飲泉可
テンプレートを表示

国見温泉(くにみおんせん)は、岩手県岩手郡雫石町にある温泉

旧・陸奥国明治初期は陸中国)内の、秋田県(旧出羽国)との県境に近い、奥羽山脈のただ中にある秘湯[1]

泉質

[編集]
  • 含硫黄炭酸水素塩泉

色や油臭さで温泉とわかる濃い泉質で知られる。色は美しいエメラルドグリーンで、天候や日照によりレモン色、濃緑色などにも見える。東邦大学の分析によると、温泉に含まれる炭酸カルシウム硫黄の微粒子がレイリー散乱で青く発色し、これに多硫化イオンの黄色が混ざる[2]。その日の泉質・気象条件等の様々な条件により結晶の構造やサイズが異なり、色が変化する。 湯船には湯の花も大量に舞っている。飲泉可能だが、その味は非常に不味い事で有名。

歴史

[編集]

発見年代は不明だが、江戸時代元禄年間以前であるとも言われている。温泉地内に祀られている薬師普賢石仏には文化5年(1808年)の年号が刻まれているものがあることから、文化年間にはその名が知られていたと思われる[3]。開湯当初は南部藩の湯治場であった。

文政9年(1826年)の記録によれば、この温泉は一度浴して百病治ると伝えられる名湯で、旧暦の4月中旬より7月下旬まで湯治客で賑わっていた。湯の味は苦く混じって塩をはやしており、天候によって湯の色が変わる。天気の良い朝は白く、日中は黄色、夕暮れには藍色になる。雨天の日には黒く、人の体も黒く染まると言われ、女人や魚にも効き目があるが、鳥類は忌むといわれていた[4]

温泉地 

[編集]

十和田八幡平国立公園内の標高850メートルの山中に位置し、旅館は「森山荘」と日本秘湯を守る会にも属する「石塚旅館」の2軒が存在する。どちらも自炊部も存在する湯治場である。雫石町営の宿泊・日帰り入浴施設「国見山荘」も存在する。秋田駒ヶ岳登山口の一つで、行き帰りの利用客も多い。秋田駒山頂まで約2時間半。

アクセス

[編集]

路線バスの便はない。森山荘は条件次第で宿泊客の送迎あり[5]

脚注

[編集]
  1. ^ 国見温泉と鹿倉橋の紅葉しずくいし観光協会(2018年7月20日閲覧)
  2. ^ 【湯の心旅】国見温泉(岩手県)不便さ魅力「駄々っ子」湯『日本経済新聞』朝刊2018年6月16日(別刷り日経プラス1、9面)
  3. ^ 『雫石町史』p.641
  4. ^ 『雫石町史』p.642
  5. ^ 森山荘(2018年7月20日閲覧)

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]