国立病院機構北陸病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 独立行政法人国立病院機構 北陸病院
独立行政法人国立病院機構北陸病院
情報
英語名称 National Hospital Organization Hokuriku Hospital
前身 傷痍軍人療養所北陸荘
標榜診療科 精神科・神経科・神経内科・内科
許可病床数

254床
一般病床:80床


精神病床:174床
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 坂本 宏(院長)
開設年月日 2004年4月
所在地
939-1893
富山県南砺市信末5963
位置 北緯36度32分12.3秒 東経136度54分18.1秒 / 北緯36.536750度 東経136.905028度 / 36.536750; 136.905028 (独立行政法人国立病院機構 北陸病院)座標: 北緯36度32分12.3秒 東経136度54分18.1秒 / 北緯36.536750度 東経136.905028度 / 36.536750; 136.905028 (独立行政法人国立病院機構 北陸病院)
二次医療圏 砺波
PJ 医療機関
テンプレートを表示

独立行政法人国立病院機構北陸病院(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうほくりくびょういん)は富山県南砺市医療機関

国立病院機構北陸地区の精神・神経領域の基幹施設として、政策医療分野における精神疾患、神経難病、重症心身障害に対する専門医療、および精神科救急医療や認知症対応などの地域医療を提供する精神科神経科の専門病院である。[1]

概要[編集]

1944年に傷痍軍人療養所北陸荘として設立、翌年、厚生省に移管後され国立療養所北陸荘となる。1968年の結核療養所から精神療養所への転換以降、精神・神経領域を中心とした病院となる。現在は、富山県西部の精神科救急輪番病院、および県全体の精神科基幹病院の指定を受け、医療観察法に基づく指定入院医療機関として専門的な精神科医療を行っており、精神科社会復帰施設が整備されている。また、神経難病、重症心身障害、睡眠障害に対する専門治療も行っているほか、富山県の認知症疾患医療センターとしての指定を受け、デイケアを整備して認知症の治療にもあたっている。 臨床研究部では国立精神・神経医療研究センターと連携した研究活動を行っており、金沢大学医学部、富山大学医学部と連携した精神保健指定医および看護師の教育育成が行われている。

永らく1960年代から70年代に建造された病棟で医療活動を行っていたが、2004年に運営主体がそれまでの国立療養所から国立病院機構へと独立行政法人化された事をきっかけに全国の国立病院・療養所で病棟の建替が進み、北陸病院も2015年までに病棟等の建替を終えている。 なお、病院南側には公立南砺中央病院富山県立となみ総合支援学校が隣接する。

沿革[編集]

  • 1944年(昭和19年)10月 - 傷痍軍人療養所北陸荘として設立
  • 1945年(昭和20年)10月 - 厚生省に移管、国立療養所北陸荘へ改称
  • 1968年(昭和43年)04月 - 結核療養所から精神療養所に転換
  • 1975年(昭和50年)09月 - ひまわり(重症心身障害)病棟、わかくさ(小児異常行動)病棟を設置
  • 1977年(昭和52年)04月 - 国立療養所北陸病院と改称
  • 1980年(昭和55年)07月 - 難病(神経・筋疾患)病棟を設置
  • 1991年(平成03年)04月 - 老人性認知症病棟を設置
  • 2004年(平成16年)04月 - 独立行政法人への移行により国立病院機構北陸病院へ改称
  • 2005年(平成17年)08月 - 精神病棟(50床)を廃止
  • 2006年(平成18年)02月 - 医療観察法病棟(34床)を設置
  • 2012年(平成24年)04月 - 富山県の認知症疾患医療センターに指定
  • 2014年(平成26年)05月 - 病棟等建替計画、第Ⅰ期工事(南病棟)が完成[2]
  • 2015年(平成27年)05月 - 病棟等建替計画、第Ⅱ期工事(西病棟)が完成[3]
  • 2015年(平成27年)07月 - 病棟等建替計画、第Ⅲ期工事(外構)が完成[3]

診療科[編集]

医療機関の指定[編集]

  • 医療観察法に基づく指定入院医療機関

アクセス[編集]

出典[編集]

外部サイト[編集]