国立病院機構京都医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構京都医療センター
Kyoto Medical Center.jpg
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構京都医療センター
英語名称 National Hospital Organization Kyoto Medical Center
前身 国立京都病院
標榜診療科 内科、呼吸器科、呼吸器外科、消化器科、循環器科、アレルギー科、小児科、小児外科、精神科、神経内科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、皮膚科、泌尿器科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、小児歯科、歯科口腔外科
許可病床数

600床


一般病床:600床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 中村孝志(院長)
所在地
612-8555
京都府京都市伏見区深草向畑町1-1
位置 北緯34度57分15秒
東経135度46分28秒
二次医療圏 京都・乙訓
PJ 医療機関
テンプレートを表示

独立行政法人国立病院機構京都医療センター(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうきょうといりょうセンター)は、京都市伏見区にある医療機関独立行政法人国立病院機構が運営する病院である。旧国立京都病院

政策医療における内分泌・代謝性疾患の高度専門医療施設(準ナショナルセンター)として国立病院機構のネットワークの中心となっている。また、その他の政策医療分野においては、成育医療の基幹医療施設、がん、循環器病、腎疾患、感覚器疾患の専門医療施設である。

沿革[編集]

  • 1907年(明治40年) - 京都衛戍病院として設立
  • 1945年(昭和20年) - 国立京都病院として厚生省に移管
  • 1978年(昭和53年) - 臨床研究部設置
  • 1984年(昭和59年) - 救命救急センター設置
  • 1995年(平成7年) - 京都府エイズ治療拠点病院
  • 2003年(平成15年) - 臨床研究センター設置
  • 2004年(平成16年) - 独立行政法人国立病院機構京都医療センターに名称を変更。
  • 2007年(平成19年) - 地域がん診療連携拠点病院に指定される。

診療科[編集]

専門外来[編集]

  • 禁煙外来
  • フットセンター外来
  • メタボリック外来
  • 1型糖尿病外来
  • セカンドオピニオン外来
  • 遺伝カウンセリング外来
  • 神経内科・音楽療法外来
  • 夜間頻尿外来
  • 美容外来
  • 骨粗鬆症・サルコペニア外来
  • 脳血管障害外来
  • 多発性のう胞腎外来

部門/センター等[編集]

  • 救命センター
  • 健診センター
  • 地域医療連携室
  • 臨床研究センター
  • 糖尿病センター
  • WHO 糖尿病協力センター
  • 内分泌・甲状腺・高血圧センター
  • めまいセンター
  • スポーツ医学センター
  • 遺伝診療部
  • 医療情報部
  • 薬剤部
  • 臨床検査科
  • 臨床栄養科
  • 治験管理室
  • 臨床工学科
  • 脳神経センター
  • 新生児センター

チーム医療[編集]

  • 院内感染対策チーム(ICT)
  • 栄養サポートチーム(NST)
  • 緩和ケアチーム
  • 褥瘡対策チーム
  • 医療安全の活動内容
  • 呼吸ケアチーム(RST)

付属施設[編集]

  • 京都医療センター付属看護助産学校

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]