国立広島原爆死没者追悼平和祈念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館(こくりつひろしまげんばくしぼつしゃついとうへいわきねんかん)は、広島平和記念公園広島県広島市中区中島町1-6)にある、国立の被爆者を追悼する施設である。

概要[編集]

2008年5月撮影

2002年8月1日に国立の施設としては初めて広島平和記念公園内に設置された。原爆死没者慰霊碑広島平和記念資料館レストハウスに隣接している。建物は、建築家丹下健三の設計。地下2階構造で、地下1階は情報展示コーナー及び体験記閲覧室が、地下2階には'平和祈念・死没者追悼空間及び遺影コーナーが設けられている。

原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律の第41条の規定に基づき設置され、1945年8月6日広島市への原子爆弾投下により死亡した人々や、その後に亡くなった被爆者を追悼し、世界平和を願う目的で建てられた。

具体的な活動は、お名前・遺影の募集を行っており、開館時には4804人の被爆者の遺影が登録。2004年8月に登録者が1万人を超えた。また、被爆体験記や追悼記の募集在外被爆者の証言ビデオの作成なども行っており、2008年度までに205人分のビデオが、館内で公開されているほか、広島平和記念資料館を通じて貸し出したりしている。

入館者数は、2004年8月28日に50万人、2007年3月13日には100万人を突破した。

原爆死没者の遺影のほか、被爆者による体験記や証言映像、郷土や原爆、平和に関連する書籍を収蔵し、利用者に公開している。

2003年には、長崎市にも同様の施設(国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館)が建てられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度23分36秒 東経132度27分13秒 / 北緯34.39333度 東経132.45349度 / 34.39333; 132.45349