国民総参加クイズSHOW! QB47

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国民総参加クイズSHOW! QB47』(こくみんそうさんかクイズショー クイズバトルよんじゅうなな)は、2012年8月25日から2015年3月25日まで、NHK総合テレビジョンが不定期に放送していた双方向型クイズ番組である。

概要[編集]

本番組はNHK番組たまご枠で放送開始された。同枠で5回放送された後は不定期の特番となり、全11回が放送された。

テレビのデータ放送インターネットを使って、視聴者がクイズに参加できる[1]。視聴者の成績はリアルタイムに集計され、各都道府県ごとの参加者の正解率で都道府県のランキングを決定する[1]。クイズにはリモコン、ワンセグ、パソコン、スマートフォン、携帯電話から参加できる[2]

司会は東野幸治。スタジオには各都道府県出身のゲスト(全国を6ブロックに分け、各ブロック出身者4名ずつが出演)が招かれる[1]

過去の結果は、番組公式サイトのアーカイブで参照できる[3]

ルール[編集]

基本的には視聴者の正解率で47都道府県をランキングする[4]

また、人口あたりの参加人数から各都道府県の参加率を算出し、参加率が高いほどジャンプアップボーナスが加算される[4]。参加率を算出する際の都道府県の人口には推計人口が使用される[4]

最終的にはすべてのクイズの平均正解率とジャンプアップボーナスによってランキングを決定する[4]

第1回は北海道・東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄の6ブロックにわかれて予選ラウンドが行われ、各ブロック1位となった青森、埼玉、福井、京都、鳥取、佐賀に、各ブロック2位によるワイルドカード決定戦を制した熊本を加えた7府県が決勝ラウンドに進出する方法、第2回と第3回は北海道・東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄の6ブロックにわかれて予選ラウンドが行われ、各ブロック1位となった山形、群馬、富山、奈良、鳥取、鹿児島と、各ブロック2位となった青森、東京、石川、京都、島根、佐賀の計12都府県が決勝ラウンドに進出する方法であった。第4回以降は47都道府県が一括でランキングされる方式となった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 国民総参加クイズSHOW! QB47|NHKオンライン”. 2015年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月6日閲覧。
  2. ^ 国民総参加クイズSHOW! QB47|NHKオンライン”. 2015年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月6日閲覧。
  3. ^ 国民総参加クイズSHOW! QB47|NHKオンライン”. 2015年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月13日閲覧。 〈アーカイブ国民総参加クイズSHOW! QB47|NHKオンライン”. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月23日閲覧。
  4. ^ a b c d 国民総参加クイズSHOW! QB47|NHKオンライン”. 2015年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月6日閲覧。

外部リンク[編集]