国民民主党 (日本 2018-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗 日本政党
国民民主党
Democratic Party For the People
Kokumin Minshutō Logo.png
代表 大塚耕平[注 1]
玉木雄一郎
代表代行 原口一博
幹事長 古川元久
参議院会長 大塚耕平
成立年月日 2018年5月7日[1]
前身政党 民進党(一部)
国民党(希望の党の一部)[注 2]
本部所在地
〒100-0014
東京都千代田区永田町1-11-1 三宅坂ビル
北緯35度40分44.2秒 東経139度44分34.7秒 / 北緯35.678944度 東経139.742972度 / 35.678944; 139.742972
衆議院議席数
39 / 465   (8%)
(2018年5月8日現在)
参議院議席数
23 / 242   (10%)
(2018年5月8日現在)
政治的思想・立場 中道政治[4]
持続可能な開発[4]
地域主権[4]
政治改革行政改革[4]
立憲民主主義[4]
国民主権[4]
平和主義専守防衛[4]
反核[4]
公式サイト 国民民主党公式WEBサイト
法人番号 8010005002280
法規上1996年結成の民主党1998年結成の民主党および民進党と同一政党
テンプレートを表示

国民民主党(こくみんみんしゅとう、: Democratic Party For the People[注 3])は、日本の政党。公式的な通称は国民党(こくみんとう)[6]、英語略称はDPFP[7]。報道時には略称として国民または国民民主が使用される[注 4]。また参議院では会派の略称を民主としている[15]

2018年5月、民進党希望の党[注 5]両党それぞれの一部議員が合流し、手続き上は民進党が党名変更する形で結党された。

党史[編集]

前史[編集]

小池百合子東京都知事が、2017年7月に行われた東京都議会議員選挙で自ら率いた地域政党・都民ファーストの会が圧勝したことを受け、衆議院の解散総選挙へ向けての流れに乗り、同年9月に国政政党「希望の党」を結成した。この希望の党には、当時の民進党を離党・除籍となった細野豪志長島昭久ら保守系議員が結党に参加しており、彼らを中心に9名の国会議員が集まり政党としてスタートを切った。

衆議院解散を前に、当時の民進党代表であった前原誠司は小池代表との会談により、民進党の希望の党への合流が取り沙汰され[16]、解散当日の9月28日、民進党は党として次期総選挙への公認候補を擁立せず、希望の党へ公認を申請、事実上希望の党へ合流することを前原が提案し、了承された。

しかし、その後小池が党の政策と一致しない候補を排除する趣旨の発言を行った[17]ことから、一部の民進党議員が反発。枝野幸男党代表代行はリベラル系議員の新たな受け皿として「立憲民主党」を結成[18]し、岡田克也元党代表、野田佳彦前首相のように無所属で選挙戦を戦う事を選択する候補も出て、民進党内の分裂に至った。

同年10月22日に行われた第48回衆議院議員総選挙では、党代表である小池が「都政に専念する」ことを理由に同選挙へ立候補しなかったことや、小池自身の言動の影響[19]もあってか、公認候補235名のうち小選挙区で18議席、比例代表で32議席の50議席の獲得に留まり、野党第一党は54議席を獲得した立憲民主党となった。

選挙の結果を受けて、小池に対する責任論が噴出し[20]、その後行われた共同代表選挙玉木雄一郎が党の共同代表に選出された[21]が、小池は程なくして共同代表から退き、党代表は玉木に一本化された[22]

一方、参議院議員が残留した民進党では、党所属議員が希望の党公認として選挙戦で戦い惨敗したことや党分裂を招いた責任を取り、前原が党代表を辞任[23](その後、希望の党へ入党)。その後行われた党代表選挙では大塚耕平が無投票で後任の党代表に選出された。

党代表がそれぞれ交代したことで、2017年末に民進党側が立憲民主党・希望の党との統一会派結成を求めたが、衆院選からの一連の経緯で希望の党に不快感を持つとされる立憲側の拒否[24][25]や民進党内からも異論が噴出し、蓮舫元党代表など一部議員の立憲民主党への移籍を招くこととなった[26]。一方、希望の党側は統一会派結成に前向きな構えを見せたが、安全保障や憲法に関する見解の違いから松沢成文参議院議員団代表ら保守系議員の反発を招き、希望の党側も分裂を招きかねない状況で燻り続け[27]、翌2018年に入ると統一会派結成を見送る状況となった[28]

その後、同年3月に民進党・希望の党の両党が合流したうえで新党を結成する構想が表面化[29]し、4月に入ると新党結成への両党の協議が本格化、同月26日に民進党・大塚代表と希望の党・玉木代表が合流による新党「国民民主党」結成の合意書に署名した。これを受けて、希望の党側は玉木代表ら新党参加組と松沢ら保守系メンバーの分党を決定。松沢ら5名は別の新党を結成して「希望の党」の名称を引き継ぐこととなった[30]

一方で、両党の一部議員から「立憲民主党を軸とする野党再編を目指す」立場から、2党のみでの性急な新党結成に対する反発が強く、新党結成発表に前後して特に民進党側からは小川敏夫ら複数の参議院議員や、民進党籍を持つ無所属の会の大半が新党への不参加を表明し民進党を離党、一部議員は立憲民主党へ入党した[31]。希望の党側も分党した松沢ら5名のほか、細野、長島ら結党メンバーの多くは新党に参加せず、立憲民主党との連携を重視する大串博志らも不参加となった[32][33]

新党結成の手続きとしては、まず「希望の党」を解党し、玉木ら新党合流組が「国民党」、松沢らが(新)「希望の党」をそれぞれ結党する形で分党し、このうち玉木らの「国民党」が結党間もなく民進党に合流の上、民進党側が「国民民主党」へ党名を変更する方式を取ることとなった[34]。従って、国民民主党は法規上1996年結成の民主党(いわゆる「(旧)民主党」)、1998年結成の民主党民進党と同一政党の流れを汲むこととなる。

結党[編集]

2018年5月7日、党設立大会を東京都のホテルで開催[35]。党参加国会議員は衆議院39人、参議院23人の計62人で、5月6日時点の民進党53人、希望の党54人の両党合計107人の約58%に留まり、立憲民主党の63人を下回って野党第1党の座には届かなかった[35]。また、民進党代表の大塚耕平、希望の党代表の玉木雄一郎が共同で代表に就任することが承認された[35]。代表任期は9月末までで、9月に代表選挙を実施する予定。幹事長に希望の党幹事長の古川元久が就くなどの役員人事も決定[35]。民進党、希望の党との相違点として総務会の設置が決まり、総務会長は平野博文が務める。

同日、衆参各院事務局に会派変更も届け出た[36]。衆議院では民進党系会派が「無所属の会」、希望の党の会派が「希望の党・無所属クラブ」であったが、「国民民主党・無所属クラブ」に変更。参議院では、民進党会派だった「民進党・新緑風会」から「国民民主党・新緑風会」に改称した。さらに同日、民進党は国民民主党への党名変更を総務大臣に届け出た[1]

大塚耕平・玉木雄一郎共同代表時代[編集]

5月14日、結党後の最初の世論調査(JNN)で支持率が0.8%だったことについて玉木雄一郎は「ゼロでなくてよかった。選挙を経験していない政党だから、本当の意味での信任を得ていないと思う」と述べた[37]

5月27日、玉木共同代表が党会合で、国民民主党を中心とした政権交代を2022年2023年をめどに実現したいとの目標を発表した[38]。「5年ほどのスパンで地道に力を付け、政権を担える固まりをつくる」と述べ、同時に「これからの日本を見据えた堂々たる政策集団として、党を育てたい」と強調した。

政策[編集]

綱領[編集]

綱領に以下の内容を掲げた[4]

基本理念

  • 私たちは、「自由」「共生」「未来への責任」を基本理念とします。
  • 「公正・公平・透明なルールのもと、多様な価値観や生き方、人権が尊重される自由な社会」「誰もが排除されることなく、互いに認めあえる共生社会」「未来を生きる次世代への責任を果たす社会」を理想とします。
  • この理念の下、穏健保守からリベラルまでを包摂する国民が主役の改革中道政党を創ります。
  • 私たちは、民主主義を守り、現在と未来の課題を着実に解決し、国民全世代の生活を向上させます。国を守り、国際社会の平和と繁栄に貢献します。

私たちの立場

  • 私たちは、「生活者」「納税者」「消費者」「働く者」の立場に立ちます。
  • 私たちは、一人一人がかけがえのない個人として尊重され、多様な価値観や生き方を認め合いながら、共に生きていく国を育んでいきます。

私たちのめざすもの

  • 私たちは、「人への投資」を重視し、公正な再分配によって理不尽な格差をなくし、持続可能な経済を確立します。
  • 私たちは、少子高齢化過疎化を克服し、安心の社会保障を実現します。
  • 私たちは、子どもと若者、孤立して生きざるを得ない人々、社会的マイノリティ、障がいのある人々、非正規雇用で働く人々等、声の届きにくい人々に寄り添います。
  • 私たちは、地域主権改革を進め、豊かさが実感できる、自立した活力ある地方にします。
  • 私たちは、政官財のしがらみをなくし、政治と行財政の改革を誠実に実行します。
  • 私たちは、立憲主義国民主権基本的人権平和主義を断固として守り、国民と共に未来志向の憲法を構想します。
  • 私たちは、専守防衛を堅持し、現実的な安全保障を築きます。
  • 私たちは、開かれた国益と広範な人間の安全保障、恒久平和と核兵器廃絶をめざします。

組織[編集]

役員[編集]

役職 氏名 衆参別 出身政党
代表 大塚耕平 参議院 民進党
玉木雄一郎 衆議院 希望の党
代表代行 原口一博 衆議院 民進党
副代表 渡辺周 衆議院 希望の党
小林正夫 参議院 民進党
幹事長 古川元久 衆議院 希望の党
幹事長代行 増子輝彦 参議院 民進党
幹事長代理 吉良州司 衆議院 希望の党
大西健介 衆議院 希望の党
榛葉賀津也 参議院 民進党
田名部匡代 参議院 民進党
総務会長 平野博文 衆議院 民進党
両院議員総会長 柳田稔 参議院 民進党
国会対策委員長 泉健太 衆議院 希望の党
選挙対策委員長 大島敦 衆議院 希望の党
組織委員長 桜井充 参議院 民進党
政務調査会長 足立信也 参議院 民進党
政務調査会長代行 階猛 衆議院 希望の党
政務調査会長代理 後藤祐一 衆議院 希望の党
男女共同参画推進本部長 徳永エリ 参議院 民進党
政治改革・行政改革推進本部長 原口一博 衆議院 民進党
常任監査 大島九州男 参議院 民進党
会計監査 近藤和也 衆議院 希望の党
役員室長 岸本周平 衆議院 希望の党
羽田雄一郎 参議院 民進党
代議士会長 山井和則 衆議院 希望の党
参議院会長 大塚耕平 参議院 民進党
参議院幹事長 榛葉賀津也 民進党
参議院国会対策委員長 舟山康江 無所属
参議院政審会長 田名部匡代 民進党

備考[編集]

希望の党出身者は一部を除き第48回衆議院議員総選挙に際して、当時の民進党代表前原誠司の方針に従って民進党から移籍したメンバーである。原口、平野および篠原孝の3名は民進党籍を有しながら同選挙では「無所属」として候補・当選し、民進党系会派「無所属の会」に所属していた。舟山は会派「国民民主党・新緑風会」所属の無所属議員である。

出典[編集]

役員一覧”. 国民民主党(dpfp)公式WEBサイト. 2018年6月10日閲覧。2018年5月8日 両院議員総会資料 国民民主党 役員一覧”. 国民民主党(dpfp)公式WEBサイト (2018年5月8日). 2018年5月8日閲覧。

地方組織[編集]

党勢[編集]

衆議院[編集]

選挙 当選/候補者 定数 得票数(得票率) 備考
選挙区 比例代表
(結党時) 39/- 465

参議院[編集]

選挙 当選/候補者 非改選 定数 得票数(得票率) 備考
選挙区 比例代表
(結党時) 23/- - 242

所属国会議員[編集]

2018年5月8日現在、所属国会議員数62名(衆議院議員39名、参議院議員23名)

衆議院議員
山岡達丸
比例北海道、衆2
階猛
岩手1区、衆5
小熊慎司
比例東北、衆3参1
緑川貴士
比例東北、衆1
大島敦
埼玉6区、衆7
森田俊和
比例北関東、衆1
青山大人
比例北関東、衆1
浅野哲
比例北関東、衆1
小宮山泰子
比例北関東、衆6
後藤祐一
比例南関東、衆4
奥野総一郎
比例南関東、衆4
伊藤俊輔
比例東京、衆1
篠原孝
長野1区、衆6
下条みつ
長野2区、衆4
近藤和也
比例北陸信越、衆2
斉木武志
比例北陸信越、衆2
渡辺周
静岡6区、衆8
古川元久
愛知2区、衆8
古本伸一郎
愛知11区、衆6
大西健介
愛知13区、衆4
今井雅人
比例東海、衆4
源馬謙太郎
比例東海、衆1
岡本充功
比例東海、衆5
牧義夫
比例東海、衆6
関健一郎
比例東海、衆1
前原誠司
京都2区、衆9
泉健太
京都3区、衆7
平野博文
大阪11区、衆7
岸本周平
和歌山1区、衆4
山井和則
比例近畿、衆7
津村啓介
比例中国、衆6
柚木道義
比例中国、衆5
玉木雄一郎
香川2区、衆4
白石洋一
愛媛3区、衆2
原口一博
佐賀1区、衆8
西岡秀子
長崎1区、衆1
稲富修二
比例九州、衆2
城井崇
比例九州、衆3
吉良州司
比例九州、衆5
参議院議員
2019年改選 藤田幸久
茨城、参2衆2
長浜博行
千葉、参2衆4
羽田雄一郎
長野、参4
榛葉賀津也
静岡、参3
大塚耕平
愛知、参3
森本真治
広島、参1
大島九州男
比例、参2
石上俊雄
比例、参1
礒﨑哲史
比例、参1
浜野喜史
比例、参1
2022年改選 徳永エリ
北海道、参2
田名部匡代
青森、参1衆3
桜井充
宮城、参4
増子輝彦
福島、参3衆3
大野元裕
埼玉、参2
伊藤孝恵
愛知、参1
柳田稔
広島、参4衆2
古賀ゆきひと
福岡、参1
足立信也
大分、参3
小林正夫
比例、参3
川合孝典
比例、参2
濱口誠
比例、参1
矢田稚子
比例、参1

院内会派所属の党外国会議員[編集]

衆議院議員(「国民民主党・無所属クラブ」に所属)
  • なし
参議院議員(「国民民主党・新緑風会」に所属)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 届出上の代表者は、大塚のみ。
  2. ^ 新「希望の党」(代表:松沢成文)の分党による暫定的な新党。民進党がこれを吸収合併する形をとる[2][3]。「国民党」は合流までの「中継ぎ」としてわずか1日で消滅するが、そのまま国民民主党の略称として使用される。
  3. ^ 当初は National Democratic Party(略称NDP)が検討されたが、党内から「右派を連想させる」との批判が相次ぎ、Democratic Party For the People(略称DPFP)に落ち着いた[5]
  4. ^ 例えば、2018年新潟県知事選挙に際し、自民公明両党が支持した花角英世の当選を伝える新聞記事では、対立候補の池田千賀子について「立憲国民共産自由社民推薦」と表記するもの[8]と、「立憲民主国民民主、共産、自由、社民推薦」と表記するもの[9][10]があった。その他の記事の題名または文中でも、国民と表記した例[11][12]国民民主と表記した例[13][14]が確認される。
  5. ^ 正確には参加する一部のメンバーが暫定的に「国民党」を結成してからの合流。別途注釈参照のこと。

出典[編集]

  1. ^ a b “政治資金規正法に基づく政治団体の届出事項の異動の届出” (プレスリリース), 総務省, (2018年5月8日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000549820.pdf 
  2. ^ 国民党、国民民主党、希望の党…1週間で3つの新党誕生!? 国民党はわずか1日の存在  産経ニュース 2018年4月26日22:45配信
  3. ^ 国民民主党の裏で...1日で消えた「国民党」 超短命政党、何のために?  JCASTニュース 2018年5月8日18:12配信
  4. ^ a b c d e f g h i 綱領 国民民主党 2018年6月2日閲覧。
  5. ^ 国民民主党「右派を連想させる英語表記」避ける - 読売新聞 2018年5月8日
  6. ^ 新党名は「国民民主党」に決定 民進と希望の新党  朝日新聞デジタル 2018年4月24日16:30配信
  7. ^ 英語名はDPFP=国民民主:時事ドットコム 時事通信社 (2018年4月27日). 2018年5月18日閲覧。
  8. ^ 新知事でも「柏崎刈羽再稼働」が難しい理由  東洋経済オンライン 2018年6月13日5:00配信
  9. ^ <新潟知事選>原発再稼働は再出馬「信問う」 当選の花角氏  毎日新聞 2018年6月11日22:38配信
  10. ^ <新潟知事選>自公支持の花角英世氏が初当選  毎日新聞 2018年6月10日22:41配信
  11. ^ 国民・大塚氏「おかしさ、追及を」 加計学園の回答に  朝日新聞デジタル 2018年6月8日11:48配信
  12. ^ 国民・玉木氏「候補者、男女半々で男臭くない政党に」  朝日新聞デジタル 2018年6月10日20:52配信
  13. ^ 国民民主・大塚氏「政治とは給与明細そのものだ」  朝日新聞デジタル 2018年6月15日0:16配信
  14. ^ 野党6党派、選択的夫婦別姓法案を共同提出 野田聖子総務相は距離置く姿勢  産経新聞 2018年6月14日18:26配信
  15. ^ 参議院会派名一覧表示の案内(第196回国会):参議院 2018年5月11日閲覧。
  16. ^ 小池氏が「希望」結成 民進、合流へ調整 - 日本経済新聞 2017年9月27日
  17. ^ 衆院選2017:希望、排除の論理 小池氏「全員受け入れ、さらさらない」 民進、広がる反発 - 毎日新聞 2017年9月30日
  18. ^ 枝野氏、新党「立憲民主党」結成を表明 - 日本経済新聞 2017年10月2日
  19. ^ 希望の党・小池百合子代表「厳しい結果。私の言動に問題があった」 - 産経新聞 2017年10月13日
  20. ^ 希望・小池百合子代表「私は都政に邁進する」 改めて衆院選不振を謝罪 - 産経新聞 2017年10月25日
  21. ^ 希望の党共同代表に玉木雄一郎氏を選出 - 産経ニュース 2017年11月10日
  22. ^ 希望・小池代表が辞任=後任に玉木氏 - 時事通信 2017年11月14日
  23. ^ 民進党の前原誠司代表が辞任表明 - ハフポスト 2017年10月27日
  24. ^ 民進、統一会派申し入れ 立民「希望込みは拒否」 - 日本経済新聞 2017年12月26日
  25. ^ 民進党「新党結成」構想はやはり不発に終わる - 東洋経済オンライン 2017年12月27日
  26. ^ 【野党ウオッチ】蓮舫氏に続く民進離党ドミノの予感…立憲民主・枝野幸男代表の高笑いが聞こえる!? - 産経ニュース 2018年1月11日
  27. ^ 【希望の党分裂】松沢成文氏ら「分党」正式提案 執行部は古川元久幹事長に一任、難航も - 産経ニュース 2018年2月7日
  28. ^ 民進、希望との統一会派結論見送り 反対続出、分裂含み 衆院側は立民と協議へ - 産経ニュース 2018年1月11日
  29. ^ 民進と希望が新党模索、岡田氏らの対応再び焦点 - 讀賣新聞 2018年3月5日
  30. ^ “国民民主党、来月7日旗揚げ=60人規模、岡田氏ら不参加”. 時事通信. (2018年4月26日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2018042600783&g=pol 2018年4月26日閲覧。 
  31. ^ 【国民民主党結成】重鎮続々離党…「野党第一党」のもくろみも外れ満身創痍の船出 - 産経ニュース 2018年5月7日
  32. ^ 国民民主党参加者、不参加者、新「希望の党」参加者一覧 - 産経ニュース 2018年5月7日
  33. ^ 国民民主党結成 両議員一問一答 原口氏、大串氏 - 佐賀新聞ニュース 2018年5月8日
  34. ^ 【民進・希望合流】国民党、国民民主党、希望の党…1週間で3つの新党誕生!? 国民党はわずか1日の存在 - 産経新聞 2018年4月26日
  35. ^ a b c d “新党:国民民主党62人参加 「野党第1党」に届かず”. 毎日新聞. (2018年5月7日). https://mainichi.jp/articles/20180508/k00/00m/010/059000c 
  36. ^ “参院会派:「国民民主党・新緑風会」に変更”. 毎日新聞. (2018年5月7日). https://mainichi.jp/articles/20180508/k00/00m/010/091000c 
  37. ^ 国民民主党、JNNの支持率が0.8%。玉木共同代表「支持率、ゼロではなくてよかった」 - 朝日新聞 2018年5月14日((ハフポスト
  38. ^ 「20年代前半に政権交代」 国民・玉木氏が意欲 - 日本経済新聞 2018年5月27日


外部リンク[編集]