国民勤労動員令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国民勤労動員令
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和20年3月6日勅令第94号
効力 廃止
テンプレートを表示

国民勤労動員令(こくみんきんろうどういんれい、昭和20年3月6日勅令第94号)は1945年(昭和20年)3月6日に公布・施行された日本勅令。同時期に閣議決定された国民義勇隊の編成を目的とした。

概要[編集]

本勅令は労務関係の5勅令(国民徴用令労務調整令学校卒業者使用制限令国民勤労報国協力令女子挺身勤労令)を一本化したものである。

本土決戦に備えた「国民皆働」「総員勤労配置」の実現を目標とし、文科系の大学および高等専門学校の閉鎖を実施、病人も動員の対象とした。

第二次世界大戦後の1945年(昭和20年)10月10日、国民勤労動員令廃止等ノ件(勅令第566号)の公布により廃止された。