国民会議党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インドの旗 インド政党
国民会議党
Nationalist Congress Party
NCP-flag.svg
党旗
総裁 シェラド・パワル
成立年月日 1999年
政治的思想・立場 世俗主義
自由主義
中道 - 中道左派
公式サイト [1]
テンプレートを表示

国民会議党ヒンディー語マラーティー語:राष्ट्रवादी काँग्रेस पक्ष、英語:Nationalist Congress Party、略称:NCP)はインド政党1999年ソニア・ガンディーインド国民会議総裁への就任を批判して同党から追放されたシェラド・パワルらによって結成された(そのためインド国民会議とまぎらわしい党名を採用している)。政策的には中道左派世俗主義などを強調しておりポピュリズムの傾向がある。

その後、インド国民会議との関係を修復し、選挙協力を行うようになった。与党連合統一進歩同盟に参加し、マンモハン・シン政権に加わっていた。2009年ローク・サバー(インド下院)総選挙では9議席を獲得した。

主な地盤はマハーラーシュトラ州。ここでは州政レベルでもインド国民会議などと組んで連立政権を構成している。