国本剛章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国本剛章(くにもと たけあき、1962年1月11日 - )はゲームミュージック作曲家ベーシスト

経歴[編集]

札幌市出身。大学時代、1985年に札幌の楽器店でバイトをしていた際に、ハドソンのプログラマ笹川敏幸にスカウトされ[1]、『チャレンジャー』の作曲に携わって以降、1988年頃までファミコンPCエンジン時代のハドソンのゲームの作曲を多数手がける。当時の制作環境は、YAMAHA CX-11(MSX)+SFG-01(FM音源ユニット)+FMミュージックコンポーザII(シーケンスソフト)など。

1988年に上京して以降、主にアマチュアでのバンド活動を行っており、1990年には『三宅裕司のいかすバンド天国』にバンド「星観る人」の一員として出演している[2]

いわゆる社内作曲家でもなく、有名作曲家の楽曲提供という形でもなかったために初期のゲームではクレジットされないことが多く、サウンドトラックが出た際にだけ名前が出る謎の作曲家だったが、2005年末にファミコンBGM回顧録を主題にしたブログを開設してからは積極的に情報公開に努めている。また同ブログの影響で、ミュージシャン同士の交流が増え、2008年からは「RE:YES」や「コロニー落とし」、2009年からは「タケちゃん&健ちゃん」、2012年からは「オール1ブラザーズ」などでのバンド活動を掛け持ちで行っている。

参加作品[編集]

ファミリーコンピュータ[編集]

PCエンジン[編集]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ作品
  • ひつじの丘(2012年)
星観る人

1988年に結成したスリーピースバンド。2000年に解散。2006年から2007年にかけて自主盤として復刻した。

  • 星観る人(1989年)
  • みんなどこかへ行く途中(1989年)
  • 人間様(1990年)
  • 宣告承知(1991年)
  • 昼・夜・踊る(1993年)
  • くすりとともに(1995年)
ゲームミュージック

いわゆるゲーム音源ではなく、デモ音源(作曲時の機材での音)を収録したもの。NGテイクなども含まれている。

  • 20世紀ファミコン少年(2006年)
  • PC園児(2006年)
REYES

2008年に結成したユニット。

  • 昔の恋人(2011年)
SALT PENUTS

1980年代末に結成したユニット。

  • JETTER (2011年)
コロニー落とし

2008年より参加。R&G(ロック&ゲーム)を掲げるファミコンバンド。野狐禅のメンバーであるハマノヒロチカも参加。

  • ブリティッシュ作戦 (2011年)
タケちゃん&健ちゃん

2009年に結成したユニット。

  • タケちゃん&健ちゃんごきげんCD(2011年)

脚注[編集]

  1. ^ sasagawaさんとの出会い
  2. ^ 南流石さんの眉間にシワ
  3. ^ 本人が未発表曲だと思っていた楽曲が使われていた。

外部リンク[編集]