国旗歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中華民国国旗歌(こっきか、繁体字國旗歌ウェード式Kuo-ch`i-ke拼音Guóqígē)は中華民国の国旗を掲揚・降納する際に歌われる戴傳賢 (Tai Ch'uan-hsien; Dài Chuánxián) 作詞、黄自 (黃自; Huang Tzu; Huáng Zì) 作曲。

国旗歌は、国歌を歌った後、国旗掲揚と同時に流されるが、その際は敬礼をする為、余り歌われない。

オリンピックなどでは、本来国歌を演奏すべき場面において、中華民国の国歌の代わりに演奏されている(チャイニーズタイペイも参照)。

歌詞[編集]

最後の行は二回歌う。

  1. 山川壯麗,物產豐隆,炎黃世胄,東亞稱雄。
    毋自暴自棄,毋故步自封,光我民族,促進大同。
    創業維艱,緬懷諸先烈,守成不易,莫徒務近功。
    同心同德,貫徹始終,青天白日滿地紅。

日本で用いられる字形に変換した表記[編集]

  1. 山川壮麗,物産豊隆,炎黄世胄,東亜称雄。
    毋自暴自棄,毋故歩自封,光我民族,促進大同。
    創業維艱,緬懐諸先烈,守成不易,莫徒務近功。
    同心同徳,貫徹始終,青天白日満地紅。

ウェード式[編集]

  1. Shan-ch`uan-chuang-li, wu-ch`an-fêng-lung, yen-huang-shih-chou, tung-ya-ch`êng-hsiung.
    Wu-tzu-pao-tzu-ch`i, wu-ku-pu-tzu-fêng, kuang-wo-min-tsu, ts`u-chin-ta-t`ung.
    Ch`uang-yeh-wei-chien, mien-huai-chu-hsien-lieh, shou-ch`êng-pu-i, mo-t`u-wu-chin-kung.
    T`ung-hsin-t`ung-te, kuan-ch`e-shih-chung, ch`ing-t`ien-pai-jih-man-ti-hung.

拼音[編集]

  1. Shānchuānzhuànglì, wùchǎnfēnglóng, yánhuángshìzhòu, dōngyàchēngxióng.
    Wúzìbàozìqì, wúgùbùzìfēng, guāngwǒmínzú, cùjìndàtóng.
    Chuàngyèwéijiān, miǎnhuáizhūxiānliè, shǒuchéngbúyì, mòtúwùjìngōng.
    Tóngxīntóngdé, guànchèshǐzhōng, qīngtiānbáirìmǎndìhóng.

日本語訳[編集]

  1. 壮麗な自然と豊かな財産を見よ
    東亜の英雄である炎帝黄帝の子たち(中華民族)よ
    自暴自棄にならず 悪習に縛られずに
    輝け わが民族よ 大同(世界平和)へ進もう
    革命に殉じた烈士と 国父の努力を忘れず
    難しい国家の維持と発展に努めよ
    心と美徳をひとつにして 最後まで(三民主義を)貫き徹そう
    青天白日満地紅

外部リンク[編集]