国家の品格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『国家の品格』
著者 藤原正彦
発行日 2005年(平成17年)11月20日
発行元 新潮社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 新書
ページ数 191
公式サイト www.shinchosha.co.jp/book/610141/
コード ISBN 4-10-610141-6
テンプレートを表示

国家の品格』(こっかのひんかく)は、新潮新書から2005年(平成17年)11月20日に出版された藤原正彦の著書である。

概要[編集]

もともとは、藤原が講演で述べた内容を基礎にした本である。そのため、文体は口語調で、「妻を筆頭に殴りたい女性はたくさんいます」、「(什の掟は)最後の七つ目以外は納得できます」といったユーモアが効いたものになっている。西洋、特にアメリカの「論理万能主義」を批判し「だめなものはだめ」と主張。グローバリズムなどを真っ向から否定し、自国の伝統や美意識などを重んじることを説いた。

世界で唯一の「情緒と形の文明」を持つ日本の“国家品格”を取り戻すことを書いた。本文中には前著のタイトルでもある「祖国とは国語」と言う言葉が複数箇所で用いられている。

発行部数[編集]

2006年(平成18年)5月までに発行部数265万部を超えるミリオンセラーとなっており[1][リンク切れ]トーハン調べで同年における書籍の年間ベストセラーで1位となった[要出典]

エピソード[編集]

  • 書名の「品格」は、2006年(平成18年)の新語・流行語大賞を受賞したが、それに便乗する形で「-の品格」と銘打った書籍などが相次ぎ[1]、「品格ブーム」などと言われた。坂東眞理子著『女性の品格』(PHP新書)は300万部以上を売り上げ、ドラマ『ハケンの品格』は平均視聴率20.1%を記録した。他に『会社の-』『日本人の-』『自分の-』『親の-』『男の-』『遊びの-』などがある。
  • 著者の藤原は経済学政治学に関しては素人であったため、例えば初版では「シカゴ学派」と「新古典派」を混同するといった正確さに欠ける記述が見られた。経済評論家の池田信夫が担当編集者にそうした誤りを指摘したところ、次の版では「新古典派経済学」という単語が「新自由主義経済学」に訂正されていたという。ただし池田はそもそも「新自由主義経済学」などという経済学も存在しないと述べている[2]

関連書籍[編集]

翻訳[編集]

演説[編集]

批判本[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]