国中公麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国中 公麻呂 (くになか の きみまろ、生年不詳 - 宝亀5年10月3日774年11月11日))は、奈良時代の仏師氏姓は国(無姓)のち国中連。名は君麻呂公万呂とも記される。百済渡来人である完了(徳率)・国骨富の孫とされる。官位従四位下造東大寺次官

経歴[編集]

祖父・国骨富は徳率の位にまで昇った百済の高官であったが、天智天皇2年(663年白村江の戦い後まもなく百済が滅亡したため日本に帰化した。

天平17年(745年正七位下より従五位下に昇叙される。翌天平18年(746年)造仏長官に任ぜられ、東大寺盧遮那仏の造像と大仏殿建立の指揮を執る。天平20年(748年)従五位下、天平勝宝元年(749年)には聖武天皇の大仏殿行幸に際して従五位上に昇叙される。

天平宝字2年(758年東大寺大仏殿竣工。大和国葛下郡国中村に居住していたことにより、国中連姓を賜与される。 天平宝字5年(761年正五位下・造東大寺次官に叙任され、のち法華寺浄土院・香山薬師寺石山寺の造営に参画する。天平神護3年(767年)東大寺主要伽藍の完成を祝した称徳天皇の東大寺行幸に際して従四位下に叙される。神護景雲2年(768年但馬員外に転任。

宝亀5年(774年)10月3日没。最終官位は散位従四位下。

主な作品[編集]

確実な公麻呂作品は存在しないが、東大寺の大仏、戒壇院四天王、法華堂の諸造や、新薬師寺十二神将が公麻呂作品と推定されている。

人物[編集]

聖武天皇が作ろうとした盧舎那仏は高さ5丈(約15メートル)と巨大なものであり、当時の鋳工たちの中で敢えて鋳造に挑む者はいなかったが、公麻呂は非常に優れた技術と思慮により、盧舎那仏の建造を成し遂げたという[1]

参考文献[編集]

  • 宇治谷孟『続日本紀 (下)』講談社学術文庫、1995年

脚注[編集]

  1. ^ 続日本紀』宝亀5年10月3日条

関連項目[編集]