固有背景法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

固有背景法(こゆうはいけいほう、EigenBackground)は、1枚の画像を1つのベクトル(100万画素のグレースケール画像の場合、100万次元のベクトル)とみなして十分次元の低い背景の部分空間を学習し、その空間へある観測画像を投影・逆投影することにより、前景物体を含まない背景画像を生成する手法である。

外部リンク[編集]