固有キラリティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘキサヘリセンの2つの鏡像異性体。ヘリセンは固有キラリティーを持つ分子である。 ヘキサヘリセンの2つの鏡像異性体。ヘリセンは固有キラリティーを持つ分子である。
ヘキサヘリセンの2つの鏡像異性体。ヘリセンは固有キラリティーを持つ分子である。

化学において、固有キラリティー(こゆうキラリティー、: inherent chirality)は、分子および錯体の性質の一種である。このような分子および錯体では、古典的立体要素ではなく、いかなる2次元表現においても対称軸を欠いている構造における「曲がり」の存在の結果として対称性が欠如している[1][2]

「生得的にキラル(inherently chiral)」という表現は、アッパーリムにXXYZあるいはWXYZ置換パターンを持つカリックスアレーンを説明するためにBoehmerによって初めて使用され、後にC76、C78、C84のようなキラル分子骨格を持つフラーレン、非対称ウラニル-サロフェン錯体、ロドプシンの発色団である11-cis-レチナールのプロトン化シッフ塩基へと拡張されている。

脚注[編集]

  1. ^ Dalla Cort A, Mandolini L, Pasquini C, Schiaffino L, (2004). “"Inherent chirality" and curvature”. New Journal of Chemistry 28 (10): 1198–1199. doi:10.1039/B404388J. 
  2. ^ Agnieszka Szumna (2010). “Inherently chiral concave molecules—from synthesis to applications”. Chem. Soc. Rev. 39: 4274-4285. doi:10.1039/B919527K. 

関連項目[編集]