回覧板

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

回覧板(かいらんばん)は、日本町内会などで連絡文書等を回覧するための板である。主に集落内での連絡手段として使用される。

概要[編集]

回覧板は告知事項や配布書類等を挟んで順番に回覧するものである[1][2]

連絡文書などを板にばね金具で挟んで固定し(現在は用箋挟が多用される)、集落・町内の各戸を順番に回し、集落・町内全戸に連絡事項を伝える。回覧板に用いられる材質はビニールをコーティングした板紙などである。またものによっては地域の商店などの広告が入っている場合がある。

概ね数日から一週間程度で巡回するルートが予め定められている。地域によっては文書の表紙下部にはを押すが並んでおり、読み終わった家の者は、そこに押印または署名を行い、次の家に届けるシステムとなっている場合もある。

その多くは地域生活に即した情報であり、町内会や催し物(イベント)開催のお知らせや安全・防犯・防災情報、また町内会や自治会の決定事項なども伝えられる。分別収集のある地域では、新年度のごみの収集計画表など、生活に密接に関係する情報などもこれで伝えられる地域もある。集落・地区内のお知らせよりも、交番発行の警察広報紙、自治体が配布する各種お知らせの紙などが多数折り込まれている場合が多い。

歴史[編集]

かつて近隣における連絡事項の伝達には主として言継ぎ掲示板が多く用いられたが[1][2]、日本では昭和15年に内務省が下部機構整備を府県に通達したのを契機に隣組などの間における連絡手段として普及し今日まで採用されている[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日本民具学会 『日本民具辞典』ぎょうせい p.101 1997年
  2. ^ a b c 岩井広實監修、工藤員功編 『絵引 民具の事典』 p.474 2008年

関連項目[編集]