回田町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 小平市 > 回田町
回田町
回田町の位置(多摩地域内)
回田町
回田町
回田町の位置
北緯35度43分13.14秒 東経139度29分40.98秒 / 北緯35.7203167度 東経139.4947167度 / 35.7203167; 139.4947167
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Metropolis.svg 東京都
市町村 Flag of Kodaira, Tokyo.svg 小平市
人口
2018年(平成30年)1月1日現在)[1]
 • 合計 4,799人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
187-0013[2]
市外局番 042[3]
ナンバープレート 多摩

回田町(めぐりたちょう)は東京都小平市の地名。住居表示未実施区域。「丁目」の設定のない単独町名である。郵便番号は187-0013[2]

地理[編集]

小平市南東部に位置する。南西から時計回りに上水南町喜平町鈴木町御幸町及び小金井市貫井北町に隣接し、南側に玉川上水がある。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、回田町252番12外の地点で21万8000円/m2となっている[4]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

地名の由来は、新田(当時は畑)の開発の段階で、廻り田村(東村山)に売り渡されたことに由来する。享保 9年(1724)小平の「野中新田」という新田開発として町人請負型かつ、広大な開発面積で開発が進められたが、許可された面積513町歩を12人で分けたが開発仲間の中には、開発せずに廻り田村(東村山)などに売り渡し帰村している。 享保11年(1726)野中新田の採草地を東村山廻り田村から土地を購入し、廻り田(回田)新田が成立。明治22年(1889)小川新田・鈴木新田・回田新田・野中新田与右衛門組・野中新田善左衛門組・大沼田新田・小川村と久米川の飛び地が合わさり小平村となった。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
回田町 1,960世帯 4,799人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校 調整区域(選択可能な学校)
106〜129番地、162〜186番地
210〜229番地、242〜254番地
276〜294番地、310〜324番地
340〜357番地、377〜393番地
小平市立小平第三小学校 小平市立小平第三中学校 小平市立鈴木小学校(新小金井街道以東)
小平市立上水中学校
326〜327番地、331番地4
394〜401番地
小平市立小平第八小学校 小平市立鈴木小学校
小平市立花小金井南中学校
その他 小平市立鈴木小学校

交通[編集]

道路

施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 人口”. 小平市 (2018年1月11日). 2018年1月13日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月13日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月13日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 小・中学校の通学区域”. 小平市 (2017年6月19日). 2018年1月13日閲覧。

外部リンク[編集]